リフォームは築何年目に必要?設備ごとの優先順位は?

新築で家を建てた後、築年数を重ねて行くにつれて少しずつ設備は劣化していきます。

 

そこで今回は、築何年目にリフォームが必要になるのか?設備ごとに優先順位もあわせてご紹介いたします。

リフォームは築何年目に必要?設備ごとの耐用年数

住宅のリフォームは、築年数によってそれぞれの設備に寿命が近づいてきます。

 

寿命を過ぎても設備を使用すると、例えば水回りの設備であれば水漏れやひび割れたところからシロアリが侵入してきて、住宅を支える木材を食い荒らす原因になるので、どの箇所も見た目に不具合が起きていなくても定期的にリフォームが必要です。

 

ここからは、リフォームは何年目に必要?設備ごとの耐用年数について紹介いたします。

屋根・外壁は約10年に1度は塗装

屋根と外壁は1セットでリフォームを考えることで、1回分の足場代で済みます。

 

屋根と外壁は約10年に1回は塗装が必要になりますが、屋根の場合はさらに20年に1回で葺き替えが必要になります。

 

屋根塗装のリフォーム時期は、初めてリフォームを行う場合は屋根材の種類ごとに定められた耐用年数で考えて、2回目以降は塗料ごとに定められた耐用年数でリフォーム時期を考えます。

 

外壁・屋根ともに塗装の目安時期は10年ですが、海が近い、川や池が近い、太陽光を遮るものがない、太陽が当たらない日陰など住環境の影響で劣化が進みやすい場合があるので、住環境によってリフォーム時期を短く考えましょう。

水回りの設備は築10年を過ぎたら交換

トイレ、キッチン、お風呂、洗面台の水回りの設備は、おおよそ10年を過ぎると不具合が出始めるので、築10年目を過ぎたらリフォームを検討していきましょう。

 

見た目に不具合がなくても、土台に腐食があるとあっという間に広がる他に、タイル張りの浴室ではひび割れが起こる場合があります。

 

水漏れや害虫の侵入を防ぐために、不具合が出ていなくてもリフォーム時期になったら少しずつ水回りのリフォームを始めましょう。

床・畳・壁紙は築5年程度で交換

床や畳、壁紙のリフォーム時期は決まっていませんが、畳は3〜5年程度で裏返して、築10年目には交換する方が多いです。

 

フローリングのリフォーム時期は、床のへこみや沈み、歩くときにきしむ音が聞こえるようになったら交換時期です。

 

壁紙は汚れやすいので、つなぎ目が剥がれ始めたら交換するようにしましょう。

窓周り・建具は築20〜30年で交換

最後に窓周りや建具のリフォーム時期は、築20〜30年目です。

 

築20〜30年目になると、サッシが動かなくなったり、結露がひどくなり窓枠にしみが発生することも珍しくありません。

 

窓やサッシの不調が起こると隙間風が増えたり、大雨のときに雨水が住居内に吹き込む原因になるので、築20〜30年目には窓周りや建具のリフォームを検討しましょう。

リフォームを行う優先順位は?基本は外から内へ

リフォームの優先順位は、基本的には外から内の順番でリフォームをしていきます。

 

ここからは、外から内へリフォームを行う際の優先順位を設備ごとにご紹介いたします。

優先順位1:外壁・屋根

外である外壁や屋根のリフォームの優先順位を最優先にすることで、外壁や屋根の不具合を防ぐことができ、不具合があっても早期に補修工事ができるので、住居内で雨漏りの発生や害虫の侵入を防ぐことができます。

 

外壁や屋根の不具合は家そのものの寿命に影響するので、最優先すべきは外である外壁や屋根です。

優先順位2:水回りの設備

内である水回りの設備、床や畳・壁紙、窓周り・建具のうち、2番目の優先順位となるのが、水回りの設備のリフォームです。

 

例えば浴室に見た目上不具合がなくても、詳しく調べてみたら土台が腐食していれば、あっという間に広がり水漏れやひび割れなどさまざまな不具合の原因になります。

優先順位3:窓周り・建具

3番目の優先順位になるのが、窓周りや建具のリフォームです。

 

窓周りの立て付けが悪く隙間が生まれると、住居内に隙間風が吹き込む他に、大雨の日は雨水が住居内に侵入してきて、カビが発生する原因になります。

 

また窓ガラスが割れていたり、ひび割れているとわずかな衝撃で簡単に大きく割れてしまうので大変危険です。

優先順位4:床・畳・壁紙

最後に不具合が出たらいつでもリフォームできる床と畳・壁紙が最後の優先順位となります。

畳は自分でひっくり返すことも可能なので、特に急いでリフォームする必要はほとんどありません。

まとめ

住宅の設備には耐用年数がありますが、耐用年数を迎える前に不具合が起こる可能性があるので、今回ご紹介したリフォームの目安を参考に、少しずつ優先順位を決めながらリフォームを行うようにしましょう。

 

リフォームの優先順位は外から内にかけて順番に行うことことで、外からの劣化で内側が傷むのを防ぐことができます。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!