曇りでも熱中症?夏本番前でも気を付けたい熱中症の症状と対策

暖かい日が増えてきた昨今ですが、外に出てみると暖かいを通り越して暑い日も多くなってきました。
暑くなると心配になってくるのが「熱中症」
夏本番ではない時期だからこそ、一度気を引き締めて少し対策してみることも大切です。

今回はそんな「熱中症」についてお話していきます。

「熱中症」とは?

熱中症は高温の外気にさらされたりなどした場合に起こる症状で、めまい・頭痛・吐き気などの症状を引き起こします。
体温が上昇し「体の水分・塩分」バランスを崩してしまったり「体温調節機能」が上手く働かなくなってしまい、重症化すると亡くなってしまう方もいるほど身近であり恐ろしいものでもあります。

寒い季節よりも暖かい季節の方が活動的になり、色々と動き始める方も多いかと思います。
夢中になれるのはとても素敵なことですが、気づかぬうちに自分の体温が上がり危険な状態になってしまうこともあります。

外で活動をする際には、自分の体調の変化にも目を向けて少しでも不安を感じたら休むようにしてみてください。

熱中症の症状

◇頭痛
◇めまい・立ちくらみ
◇吐き気・嘔吐
◇倦怠感
◇筋肉痛
◇大量の発汗 など

熱中症の症状は様々で、めまい・頭痛や吐き気・大量の発汗などの症状があります。
重症の場合には、高体温・けいれんや意識障害などが起こる場合もあるので要注意です。

少しでも、めまいなどの症状を感じたら日陰で水分を摂りながら休むようにしてみてください。

熱中症にならないためには

・水分補給を忘れずに
・自分の体調を確認しよう
・天気を確認しよう

熱中症は恐ろしいですが、事前に予防できるものです。
事前にしっかり準備をして暑い日でも楽しく過ごせるように対策してみましょう。

水分補給

熱中症対策でよく言われるのが「水分補給」です。
私たちの体のほとんどは「水」でできていますので、熱中症対策にかかわらず水を摂ることはとても大切なことなんですよ。

水分補給は “のどが渇いた” と感じた時では少し遅いと言われています。
何もしていなくても体内の水分は少しずつ少なくなっていっていますので、水分補給はマメにするようにしてみてください。

「熱中症対策」や「水分補給」という面では、紅茶・コーヒーなどのカフェインを多く含む飲み物やアルコールなどは適しません。
その日の活動量に合わせて「スポーツドリンク」「経口補水液」や「麦茶」などで水分補給をするのがおすすめです。

スポーツドリンクは飲みやすくて運動する際には重宝しますが、意外と ”糖分” が多いので飲みすぎには注意してくださいね。

体調管理

熱中症に負けないためには、体づくりも大切です。
二日酔い・下痢・風邪など体調が悪いと熱中症などの症状も起こりやすいです。
規則正しい生活を心がけ、徐々に暑さに体を慣らしておくことも大切になってきます。

エアコンで快適な状態に調整した部屋の中で普段過ごしていて、急に暑い屋外へ出たりすると簡単に温度差でやられてしまいます。

エアコンなどを使用する際には「高すぎ・低すぎな温度」にはせずに、季節の変わり目には徐々に外気に慣れるように温度調整をしていきましょう。
必要に応じてエアコン以外の機器を使用したり、衣服・窓の開閉で調整したりなどして必要以上にエアコンを使いすぎないようにするのも身体づくりには大切ですよ。

天気をチェック

この世界には「天気予報」というとても便利なものがあります。
スマホのホーム画面でも、検索で ”今日の天気” と検索するだけでも簡単に見ることができてしまいます。
天気は日々変わりますので、お天気の情報はマメに仕入れておくと安心です。

気温が高い・日差しが厳しい日には外出を控えたり、「帽子を被る」「涼しい服装」「水分補給の用意」などの暑さ対策しっかりと準備してからお出かけするようにしてみてください。

最後に

熱中症は日差しの強い日が多いイメージもありますが、曇りや雨の日であっても高温で湿度が高い日には注意が必要です。
屋内であっても水分補給は忘れずに、窓を開けたり扇風機を回したりなどして風を送り込むのも効果的ですよ。

これからどんどんと湿度や温度が上がる時期になってきます。
ぜひ熱中症にはお気をつけて、これからの大型連休をぜひ楽しまれてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!