PHによって色が変わる!色鮮やかな紫陽花(アジサイ)の不思議

暖かくなると外に出たくなり、外に出たくなると自然を眺めに行くのが楽しくなってしまいます。
お花見などで草花を愛でる方も増えてくるかと思います。

「お花」というと素敵なものはたくさんありますが、そろそろ「紫陽花(アジサイ)」の時期にもなってきますね。
今回は、そんな「紫陽花」についてお話していきます。

「紫陽花」ってどんなもの?

アジサイは、日本などのアジアや北アメリカに生息している高さ1~2m程度の低木です。
5月~6月にかけて花を咲かせるので、日本では ”梅雨の風物詩” といったイメージがありますね。

アジサイは日本原産の植物と言われていて、ヨーロッパなどで品種改良されたものは「セイヨウアジサイ」と呼ばれています。
白・赤・青など色鮮やかな見た目をしてるのが特徴で全体が丸く可愛らしい見た目もとても美しい植物です。

名前の由来

アジサイの名前の由来は諸説ありますが、「藍色が集まったもの」を意味する ”集真藍(あづさあい / あづさい)” がなまったものが由来だと言われています。
時代によって「安治佐為」や「阿豆佐為」など様々な文字で表現されていましたが、とある詩人が別の花を「紫陽花」と表記したものをさらに別の人物がアジサイを表す文字として当てたことで “紫陽花” という表現が広まったようです。

アジサイは環境によって外観を変化させることができます。
その特徴から別名で「七変化(シチヘンゲ)」「八仙花(ハッセンカ)」と呼ばれ、俳句などではアジサイが4つの花弁を持っているように見えることから「四葩 / 四片(ヨヒラ)」と表現することもあります。

アジサイの種類

・額紫陽花(ガクアジサイ)
・本紫陽花(ホンアジサイ)
・山紫陽花(ヤマアジサイ) など

ガクアジサイは高さ2mほどの低木で中央に小さな花が集まっており、その周囲を萼(ガク)が変化して形成された「装飾花」と呼ばれるものが額縁のように囲っているのが特徴です。

ホンアジサイは、このガクアジサイを品種改良して花の部分を全て「装飾花」に変えたタイプのものです。
イラストとしても描かれることが多いのでアジサイというとこちらをイメージする方も多いかもしれませんね。
その外観から、ガクアジサイを「萼(ガク)咲き」と言うのに対してホンアジサイは「手まり咲き」と呼ばれています。

紫陽花の色が変わるのはなぜ?

アジサイには色々な色がありますが、この色は品種違いではなく ”土壌が酸性か?アルカリ性か?” という「土壌のPH」によって変わります。

青系のアジサイを作る場合には土壌を「酸性」に傾けて栽培し、赤系のアジサイを作る場合には土壌を「アルカリ性」に傾けた状態で栽培をしていきます。
この色で育てたいと思っても適当に植えると上手く色が変わらないので、上手く調整するのがなかなか難しい植物でもありますね。

紫陽花には毒がある?

アジサイはとても美しい植物ですが、毒があることでも有名です。
毒の詳細は明らかになっていない部分も多いものの「抗マラリア成分」「嘔吐性アルカロイド」という成分が含まれていたという報告もありました。

食べてしまうと、食後30分~40分程度でめまい・嘔吐などの症状が起こります。
可愛らしい花ではありますが、見つけても口に入れないよう注意しましょう。

<参考>
自然毒のリスクプロファイル「アジサイ」-厚生労働省

最後に

紫陽花は雨に濡れても美しく、綺麗に残った水滴を眺めているだけでも楽しくなってしまいます。
カメラを持ってアジサイを撮影に出かけると、紫陽花の上でゴロゴロしているカエルに癒されてしまうことも多いですね。

青い紫陽花や赤い紫陽花も素敵ですが、個人的に白い紫陽花がとてもおすすめです。
雨上がりの少し太陽の光が反射するタイミングだと、花自体が発光しているように見える幻想的な光景を見ることができます。

私は一度見てとても感動したので、まだ見たことがないという方はぜひ白い紫陽花を見に行ってみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!