こどもの日はなぜ鯉のぼり?鯉のぼりに込められた想いと由来

あっという間に4月も終わり、5月がスタートしました。
ゴールデンウィークも真っ只中ですね。

ゴールデンウィークの祝日も色々ありますが、こどもも大人も楽しむものだと「こども日」が思い浮かびます。
親子で鯉のぼりをあげたり柏餅を食べたりと…楽しいこともいっぱいな行事です。

今回はそんな「こどもの日」についてお話していきます。

こどもの日とは?

こどもの日は、毎年5月5日に設定されている祝日でこの日は「端午の節句」とも呼ばれており、国民の祝日に関する法律では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日とされています。

3月にある「ひな祭り」が女の子の日と呼ばれるのに対して、こどもの日は「男の子」をお祝いする日と呼ばれますが…
男女に関係なく子供の成長をお祝いする日となっています。

4月末から5月にかけての大型連休であるゴールデンウィークの祝日の一つでもあるので、馴染み深い祝日かもしれません。

<参考>
国民の祝日に関する法律-内閣府

こどもの日の由来

5月5日は古くから「端午の節句」と呼ばれ、男の子の誕生と成長をお祝いする日でした。
奈良時代から続いている行事だと言われており、5月始めの午の日(うまのひ)を意味して「端午の節句」と呼ばれているのだそうです。

こどもの日は、この端午の節句から1948年に設けられた祝日になっています。

実はこどもの日は日本だけの行事ではなく、世界的にも様々な形でお祝いされています。
日付は各国によって変わりますが、6月1日は「国際こどもの日」11月20日は「世界こどもの日」とされているんですよ。

こどもの日は何をする?

◇柏餅・ちまきを食べる
◇鯉のぼりをあげる
◇五月人形(兜)を飾る
◇菖蒲湯(しょうぶゆ)に入る など

こどもの日というと、皆さんはどんなことをしていますか?
鯉のぼり・五月人形に菖蒲湯…
色々ありますが、やはり何と言っても「柏餅」です。
お餅が食べれる日ですね。
柏餅は、白いお餅と外側の緑の葉っぱがとても綺麗な色合いなのが素敵です。
見た目も可愛い上に、食べてもおいしいという素敵な食べ物になっています。

柏餅に使われている柏の葉は長い期間落ちないことで知られており、新芽が育つ春になるまで古い葉が落ちることがありません。
この柏の葉の特徴から、柏餅には「子孫繁栄」などの願いが込められています。

お餅や大福系になると粒あん・こしあんで迷ってしまいます。
粒あんの程よい粒粒の感覚も素敵ですが、舌触りの良いこしあんもやはり捨てがたいです。
芋あん・味噌あんなどの少し変わった餡の柏餅もあるので、好みや時期に合わせて選ぶのも楽しいですね。

どうして鯉のぼり?

こどもの日というと「鯉のぼり」というイメージがありますが、どうして鯉をあげるのでしょうか?
鯉のぼりの由来は、武士が玄関に飾っていたといわれている幟(のぼり)や旗指物(はたさしもの)だと伝えられています。

「登龍門伝説」という中国に伝わるお話に「黄河の上流にある ”龍門” と呼ばれる難所を登りきれた鯉は龍になれる」というものがあります。
鯉のぼりは、そのお話にちなんで「強くたくましく育ってほしい」という願いからあげるようになったと伝えられています。

最後に

今回は「こどもの日」についてお話しました。
私は柏餅が美味しかったことしか覚えていませんが、皆さんは「こどもの日の思い出」は何かありますでしょうか?

鯉のぼりは大きいものだとかなりのサイズになるので、今は立てる方も少ないかもしれませんね。
地域によっては、時期になると色とりどりの鯉のぼりを飾る場所もあります。
風がある日に見る鯉のぼりは生き生きとしていて、大人になって見ても素敵なものです。

連休で色々な場所にお出かけすることもあるかもしれませんが、鯉のぼりを見てこどもの日を思い出したら柏餅でも食べてのんびり過ごしてみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!