洗濯機はドラム式?縦型?洗濯機で変わる洗浄力と日々の出費

良いお天気の日になると、朝から洗濯機を回してお洗濯をしたくなります。
目についたもの…アレもこれも洗って干して全部片づけたくなってしまうから困ってしまいますね。

今回は「洗濯機」のお話。
毎日使う洗濯機のドラム式・縦型洗濯機の違いについてお話していきます。

縦型?ドラム式?

皆さんのお家の洗濯機はどんなものを使っていますか?

洗濯機には「縦型」と「ドラム式」の2種類のものがあります。
見た目や大きさも違いますが、洗い方・乾燥方法・お値段などの違いがあります。
洗濯機を選ぶときには、自分の生活スタイルに合わせて縦型かドラム式かを選んでみるのがおすすめです。

洗浄力なら「縦型洗濯機」

【縦型洗濯機のメリット】
・しっかり洗える
・場所を取らない
・価格が安い など

縦型洗濯機は長方形の洗濯機で、上部についている蓋を開けて洗濯を入れるという形になっていますね。

縦型洗濯機の素敵なところは「洗浄力」です。
ドラム式洗濯機は ”たたき洗い” という洗濯物を比較的優しく洗える形の洗浄方法を使用していますが、縦型洗濯機は ”こすり洗い” という洗濯物をしっかりこすり合わせてしつこい泥汚れなども綺麗に洗うことができます。

その分ドラム式洗濯機に比べると衣類が傷みやすいですが、洗浄力を求めるなら縦型洗濯機がおすすめです。
ドラム式洗濯機よりも価格が安く、スリムでそこまで場所を取らない形状のものが多いので設置場所に悩むことが少ないのも素敵な部分になっています。

節水・優しく洗うなら「ドラム式洗濯機」

【ドラム式洗濯機のメリット】
・衣類を傷めない
・少ない水で洗える
・ヒートポンプ式乾燥で素早く乾燥

ドラム式洗濯機は上部ではなく前面に扉がついているタイプの洗濯機で、縦型洗濯機よりも優しく衣類を洗うのに適した洗濯機です。
縦型洗濯機のようにしつこい泥汚れを洗うのには向きませんが、衣類を傷めずに洗ってくれるのでお気に入りの衣類を長持ちさせることに繋がります。

ドラム式洗濯機の中には「ヒートポンプ式」の乾燥機能がついているものが多く、この機能を利用すると衣類を傷めずに優しく乾燥まですることができます。
雨の多い梅雨時期や小さなお子さんのいるご家庭では重宝しますね。

この「ヒートポンプ式」の乾燥機能は縦型洗濯機によくある「ヒーター乾燥」よりも電気代を安く抑えることができる特徴もあります。
ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機よりも少ない水で洗濯することもできるので ”節水” にもなりますが、縦型洗濯機よりも本体の金額が高くなってしまっています。
ドラム式洗濯機は本体も縦型洗濯機よりも少し大きく場所を取るので、場所の確保や本体購入用の初期費用などを想像しながら購入計画をしてみると良いかもしれません。

縦型とドラム式はどっちがいい?

縦型は洗浄力が強いですが、最近のドラム式洗濯機は「温水で洗う」などの洗浄力への工夫の凝らされた商品も販売されています。
ドラム式洗濯機は少ない水で洗うため「色移りをしてしまう」というデメリットもあるので、衣類の傷みを気にせずに泥汚れなどもしっかり洗いたい場合には縦型洗濯機の方が楽かもしれません。
色物などを分ける手間をかけられて優しく洗濯したい場合には、ドラム式洗濯機の方が良いかと思います。

お値段の違い・大きさの違いもありますので、洗濯機を置くスペースのサイズにあったもので予算の範囲内に収まるものを選んで見てください。

最後に

今回は「洗濯機」についてお話ししました。
これから梅雨時期になると洗濯物が乾かない日が増えるので、乾燥機が欲しくなりますね。
縦型でもドラム式でも乾燥機はついていますが、しっかり乾燥となるとドラム式というイメージがあります。

どちらも得意分野があるため、どちらを買おうか迷ってしまいます。
洗濯は毎日する方も多いと思いますので、日々の手間が少なくなるような洗濯機に出会えると嬉しいですね。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!