6月16日は和菓子の日!和菓子の日の由来や製法で変わる和菓子の種類

5月もあっという間に終わり、今週は6月に突入しますね。
例年よりも涼しい夏ですがこれから暑くなるのか梅雨は来るのか…色々読めない不思議なお天気です。

6月の行事を想像すると、これまたたくさんの行事がありました。
今回はその中で「和菓子の日」についてお話していきます。
私たちの暮らす日本で馴染み深く、季節を表すことも多い美しい和菓子についてお話していきたいと思います。

6月16日は和菓子の日

日本には祝日や記念日が多いですが、6月16日は「和菓子の日」と呼ばれているのを知っていますか?

和菓子の日は、明治時代に入る前頃までに行われていた「嘉祥(かじょう)」という行事が由来となっています。
この「嘉祥」という行事は6月16日に16個のお菓子や餅をお供えしてから食べるという風習で、無病息災を願い疫病の蔓延防止を祈る日でした。
室町時代末頃から始まった行事で明治時代には廃れてしまったと言われていますが、1979年(昭和54年)に全国和菓子協会によって復活した行事となっています。

和菓子ってどんなもの?

「和菓子(わがし)」とは日本で作られている伝統的なお菓子のことです。
小豆や餅などを使用したお菓子が多く、そのまま飾って置きたくなるほど目で楽しめる工夫の凝らされたお菓子もたくさんあります。

季節に合わせてその時々の植物などを模したり、暑い夏であれば寒天などを使用し太陽の光でキラキラと輝く涼し気なお菓子などもありますね。

洋菓子は華やかで美味しく美しいものが多いので見入ってしまうことがありますが…
和菓子は洋菓子とはまた違うこじんまりとした美しさがあり、頂きながらゆっくり季節を感じることのできる魅力があると思います。

和菓子の種類

・餅菓子(大福・団子)
・蒸菓子(饅頭・蒸しようかん)
・焼き菓子(どら焼き・桜餅・カステラ)
・流し菓子(ようかん・水ようかん)
・練り菓子(練り切り・求肥)
・揚げ菓子(かりんとう・揚げドーナツ)
・おか菓子(最中・鹿の子餅)
・打菓子(落雁-らくがん-) など

和菓子の種類は幅広く、これも和菓子?というものもあります。
スーパーのパンコーナーなどでよく見かけるものだと「大福」や「お団子」などでしょうか?
子供の頃も大好きでしたが、大人になってからお茶と共に食べるのも格別です。
お団子は串に刺さったお餅の上にみたらしの甘しょっぱいタレや餡子がのったりしますが、最近だとお餅の中にタレや餡が入っているものもありますよね。
食べやすくもありますが、食感が面白いです。

夏になって見たくなる和菓子だと「水ようかん」でしょうか?
つやつやとした見た目は涼やかで見ているだけで夏の暑さを忘れてしまいます。

暑い日を涼しく感じる和菓子なら「葛餅(くずもち)」や「葛桜(くずざくら)」も捨てがたいです。
それぞれ葛(くず)という植物の粉から作られる和菓子で、もちもちとしていますが透き通ったような透明な見た目に仕上がるのが美しいお菓子です。
葛餅は成形した透明なお餅に黒蜜やきな粉をかけて頂く和菓子、餡を葛の生地で包んで作る葛饅頭を桜の葉で包むと葛桜になります。

どちらも涼やかで風鈴の音を聞きながらのんびり食べたい和菓子ですね。
今年はまだ少し涼しい日も多いですが、暑くなったら涼し気な和菓子を食べながら過ごすのも楽しいかもしれません。

最後に

今回は「和菓子の日」にちなんで和菓子のお話をしてみました。
呪文のようなカッコいい名前の洋菓子も増えている昨今ですが、たまにお茶と共に食べる和菓子もとても美味しいです。

疲れた時に食べる甘いものは格別なので、お仕事やお勉強など日々の生活で少し疲れてしまったなと感じたらちょっとだけ休憩に和菓子を食べてのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!