もうすぐ梅雨の時期!今年の梅雨入り時期と梅雨の名前の由来

6月になり、なかなか夏にならない日々に終わりを告げて梅雨が目前まで迫ってきました。
お天気が不安定になり急な雨なども多くなってきましたね。

今回はこれから始まる「梅雨(つゆ)」についてお話していきたいと思います。

梅雨(つゆ)とは

梅雨(つゆ)は5月~7月頃に起こる「曇り・雨」の続くお天気の事です。
日本では北海道と小笠原諸島を除く地域で見られるもので、中国や東アジアの方でも見られるお天気になります。

日本の夏特有の湿度の多くジメジメとしたお天気が長く続き、気持ちも洗濯物もジメジメしてしまう一方で雨の中でも美しく咲くアジサイなどを眺めるのも楽しい時期でもありますね。

なぜ「梅雨(つゆ)」と呼ぶ?

・梅の熟す時期に降る雨であるから
・カビの生えやすい時期に降る雨「黴雨(ばいう)」から
・「露けし・潰ゆ(ついゆ)」という言葉から

「梅雨」という言葉は ”ばいう” という読み方で中国から伝わった言葉です。

名前の由来には諸説ありますが、梅雨という言葉は雨の降り続くこの梅雨時期が「梅の熟す時期」であった事や「カビの生えやすい時期」ということで「黴(かび)」という文字を使って ”黴雨(ばいう)” と呼ばれていたことが由来であるというお話が残っています。
梅雨と書いて「つゆ」と呼ぶようになったのは、「露けし」という露に濡れて湿っぽい様子を表す言葉から来ているという説などが知られています。

当て字のように全然違う読み方で読むことができるのは日本語のとても面白い部分で、言葉の伝わった経緯を見ているとその時代の人たちの感じた様子を想像することができてとても楽しいですね。

梅雨の別名

【▼様々な梅雨時期の呼び方】
◇五月雨(さみだれ)
◇梅霖(ばいりん)
◇麦雨(ばくう)
◇長雨(ながめ)
◇黄梅の雨(こうばいのあめ)

梅雨時期を示す言葉には、他にも「五月雨(さみだれ)」「梅霖(ばいりん)」「麦雨(ばくう)」などがあります。
それぞれこの時期に合わせた作物・風景になぞらえた呼び方になっていて面白いですね。

今年の梅雨はいつ?

梅雨の始まりを「梅雨入り」梅雨の終わりを「梅雨明け」と呼びますが、2022年の今年の梅雨入りは現在のところ6月頃になるようです。

平年通りなら6月に入ってから徐々に梅雨入りになり、6月中旬頃になると全国的に梅雨になるかもしれません。
6月に梅雨入りになったら、6月~7月頃まで梅雨となり7月が終わるころには梅雨も終わる予想となっています。

大雨になったら…

・避難所の確認
・非常用持ち出し袋の準備
・風で飛ぶ危険なものを片づけ、固定し雨戸を閉めておく など

梅雨時期になると雨が長く続きます。
大雨になると川の氾濫が起こったり、地盤が緩くなって思わぬ事故に繋がることもあります。

雨が酷くなりそうな時には雨戸や戸締りをしっかりとして、非常用持ち出し袋などの準備もしておくと安心です。
梅雨時期は普段以上にお天気の情報に注意し、ハザードマップなどを確認してもしもの時のための備えをしておきましょう。

<参考>
自分で行う災害への備え-気象庁
ハザードマップポータルサイト

<この記事も一緒に読まれています>
節電に効果的な方法は?非常時に必要なものとは
もしもの準備できてますか?防災バックに必要なもの

最後に

今回は「梅雨」についてお話してみました。
この時期になると急な雨や雷も多く、出先だと傘がなくて困ってしまうなんてこともありますね。

風邪もひきやすい時期ですので、汗でも雨でも濡れたらしっかりタオルで拭いたり着替えたりして体が冷えてしまわないように注意しましょう。
冷えてしまったら温かい飲み物を飲むとほっとしますので、適度に水分も摂りながら熱中症にお気をつけてお過ごしください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!