夏場の塗装工事は大丈夫?気をつけるべきポイント

いつも大変お世話になっております!

岡山県のリフォーム&塗装店いちずホームでございます。

皆さんは外壁や屋根塗装工事に1番良い季節をご存知でしょうか?

この質問をすると、大体多い答えが春か秋!

果たして正解でしょうか?

職人が作業しやすいので、確かに快適に作業出来る温度の春と秋はシーズンかもしれません。

しかし現状として、一年を通して塗装工事の足場は建っていますよね!

実は塗装に1番大切なのはシーズンではなく、「天気」この1点に尽きると思います。

気温や湿度も厳密に言えばもちろん大切なのですが、晴れや曇りで兎に角雨や台風など工事に支障が出るものは少ないに限ります。

塗装工事で使う塗料は乾燥させるインターバル時間が決められております。

塗料のカタログなどに書かれていますので、塗ってすぐに次を塗るのではなく乾燥させる時間を置いて次の塗りに入らなければ、塗料本来の力を発揮できません!

そう考えると確かに春と秋は天気が続くことが多いので、良いシーズンであるのは間違いありません。

では、これからの夏場は塗装をするのにどうなのでしょうか?

まず注意しないといけないのは、もちろん雨です。雨の日は塗っても乾燥の時間が十分にとれませんので、基本的には雨が降りつけるような部分の塗装は避けた方が良いです。

しかし夏本番になり晴れの日が続くことが岡山県だと割とあるので、悪いことばかりではありません。燦々と太陽の光がよく乾かしてくれるので、おかげさまで毎年夏場に足場を建てさせてもらっております。

雨の次に注意しなければならないなが、温度です。

夏場は当然高温の日が続きますので、作業をする職人の避暑対策はかなり重要です!

作業効率を維持するためにも、一日の太陽の動きを利用して日影から日影へと作業を進めていけば、だいぶ現場の効率が変わります。

あとはファンのついたベスト空調服を着るだけでも、体感温度は変わります。

良い塗装工事にする為には、実際に作業をする職人たちの体調管理が非常に重要です!

最後に、夏場に注意するのが台風です。

塗装工事は雨が降れば現場をあければ良いのですが、家に足場を組んでいた場合非常に気をつける必要があります。

近年ニュースでもありましたが、民家などに組んでいた足場が倒壊すれば被害が出てしまいます。

足場自体は風や揺れに強い組み方をプロの足場屋さんがしてくれますので、普通にお任せしておけばまず倒壊の心配はないです。

問題はメッシュです。足場を組んだあとに、メッシュと言う幕を飛散防止で塗装工事は張ります。

このメッシュが強風などをモロに受けてしまうと、非常に危険です。

台風がもし足場組み立て後に発生した場合、メッシュは風が強くなる前には必ず畳むようにします。

ピケ足場のメッシュは僕達でも紐でくくったり出来ますので、台風の接近進路を確認しながら現場をあける時には畳んでまとめるようにします。

ちょっとした油断や気配り不足が足場の事故に繋がりますので、兎に角現場全員で情報共有と危機管理を台風シーズンは徹底しております。

夏場の塗装は色々と制約はありますが、春夏秋冬どの季節もそれぞれのシーズンでメリットデメリットがありますので、現場管理は作業の安全と効率を考え集中して取り組むようにしています!

もしご不安な点がこれからのシーズン、塗装工事でございましたら是非一度いちずホームにご相談下さい。

いちずホームは職人と現場管理担当で連絡を密に取り合い情報共有を徹底しておりますので、おかげさまで開業以来事故は一度もありません。

もちろんこれからも、安全第一で塗装工事に取り組んで参ります!

夏場の塗装工事の話し、いかがでしたでしょうか?

どのシーズンでも共通して、足場の組み立てから足場の解体まで油断しないことは一番大切です。プロに全てお任せでも良いのですが、施主様が気付かれた箇所を気軽に伝えられる施工会社との信頼関係も大事です!

いちずホームは僕を筆頭に気安く話しやすい人ばかりなので、工事に直接関係ないことでも何でも気軽にご相談くださいね!

良いリフォーム工事のお手伝いをさせていただければと思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!