その「だるさ」夏バテかも?夏バテを知って猛暑を乗り切りましょう

今年の夏は涼しいから冷夏かなぁと思っていたのも束の間…。
7月を目の前にして「夏本番」といったような想像以上の暑さがやってきました。
地域によっては既に40°を超えた地域もあるのだとか。
今年の夏は「酷暑」だと聞いて半信半疑でしたが、本当に酷暑になってしまいそうな気がしますね。

さて、今回は「夏バテ」のお話。
急激な暑さでバテている方も多いかと思いますので、夏バテについてお話していきたいと思います。

「夏バテ」ってなに?

◇体がだるい・疲れやすい
◇食欲がない
◇睡眠不足
◇便秘・下痢
◇頭痛
◇めまい・立ち眩み
◇やる気が出ない など

夏になると「夏バテ」という言葉をよく聞くようになります。
主に夏本番のような暑さになる8月頃に起こることが多いと言われていますが、近年では月に関わらず高温になる日になることもあるので8月前に見られることもあります。

夏バテになると「倦怠感」「食欲不振」「睡眠不足」などの症状が起こります。
これは真夏の高温多湿の状態とクーラーの効いた室内など、”急激な温度差のある場所を何度も行き来” するうちに自律神経のバランスが崩れてしまう事が原因です。

自律神経が乱れてしまうと体の様々な場所に支障をきたすことがあります。
夏場に食欲がなくなるのも自律神経の乱れから「胃酸が過剰に分泌」されることが原因と言われており、食欲不振から栄養不足になり夏バテが進んでしまうというケースも多いです。

普段より体調を崩しやすい季節ですので忙しい日々の中でも些細な変化を少しだけ気にしてみて、自分の体が今どんな状態なのかを把握しておく事が大切です。

夏バテになりやすい人の特徴

◇夜更かししている
◇バランスの良い食事を摂れていない
◇水分をあまり摂らない
◇体を冷やしすぎている
◇運動をあまりしない
◇座り作業が多い など

夏バテは基礎体力が低く、不規則な生活を送っているとなりやすいです。
早朝・夕方などの涼しい時間帯にウォーキングなどの軽い運動を行ったり、夏野菜も美味しい時期ですので色々なものをバランスよく食べて暑さに負けない体力をつけましょう。

暑い日にはやはり冷たいものが美味しく感じるのでついつい食べてしまいますが、冷たいものは内臓を冷やしてしまいます。
近年は高温になることが多く自室でもスーパーなどのお店でも寒いくらいクーラーをつけることもあるかと思いますので、冷たいものは適度にして温かいものを食べるようにしましょう。

夏に負けないために

健康的な生活のためには「規則正しい生活」と「バランスの取れた食事」、そして「適度な運動」というのは口をすっぱくして言われたことがある方も多いかと思います。
夏バテ防止のためにもやはりその3点が重要で、体力をしっかりつけて暑さに負けない体と心を作る事が大切になってきます。

とは言いつつも…
生活環境は人によって様々で、いきなり全てをやろうと思っても無理なことも多いです。
なので、一つずつ順番にできることから始めてみてください。

夏バテの一つに「だるさ・イライラ」という気分がありますが、体調が悪いと気分が後ろ向きになりこういった気分になることも多いです。
体調を整えるためによく食べてよく眠って、しっかりと体を休めてみてください。

夏は普段よりも疲れやすく、活動するために体力も必要です。
少し疲れているなと感じたら無理せず、ゆっくり過ごす日を作ってみるとお仕事ややりたいことが捗ることにも繋がっていきますよ。

最後に

今回は「夏バテ」についてお話ししました。
夏バテ防止の方法は色々とあり、室内外の温度差を5℃以内にというお話もありますが最近は外気が40℃近いこともあるので5℃以内に収めると少し暑いですね。

クーラーは27℃や28℃くらいに設定し、朝晩が涼しい時には切るなどして調整するのがおすすめです。
眠るときに暑すぎると熱中症や睡眠不足になってしまうこともあるので、その時の状況に応じて適度にクーラーを使用して熱中症にならないようにお気をつけてお過ごしください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!