夏の夜空に願いを込める日!七夕の由来や飾りの意味とは

あっという間に7月に入り、本格的な夏となりました。
夏になると室内にこもるかと思いますが、意外と外へ繰り出す方も多い時期ですね。
朝晩の涼しい時間帯に出かけるのが楽しいのも夏の素敵なところです。

今回は「七夕」のお話。
日本に古くから伝わる七夕の由来などについてお話していきたいと思います。

願いを込める日

皆さんは「七夕(たなばた)」というとどんなものをイメージしますか?
日本には様々な行事がありますが、漫画やアニメなどでも登場する事の多い七夕は知っている方も多い行事かと思います。

七夕(たなばた)は、中国・日本などで使われている節句の一つで「人日・上巳・端午・重陽」と並んで五節句の一つとされています。
端午は、こどもの日とも呼ばれていますね。

毎年7月7日に行われる行事で、笹の枝に「短冊」と呼ばれる願い事の書かれた色とりどりの縦長の紙を吊るしてお願い事をする日となっています。

学校や地域の行事等で子供のころにやったことがある方も多いのではないでしょうか?
鮮やかに舞う紙一つ一つに願いが書かれているというのも面白く、誰かと願いを書き合うのも楽しい行事ですね。

皆さんはどんなお願いを書きましたか?

七夕の由来

七夕は、”七夕” と書いて「たなばた」または「しちせき」とも呼ばれます。
日本の七夕の由来は諸説ありますが、奈良時代頃に中国から「乞巧奠(きっこうでん)」と呼ばれる機織りや手芸の上達を願う日という形で伝わったと言われています。

日本には、七夕の日に古くから先祖の霊を祭るために衣を織って捧げる風習があり、その衣を織る機械を「棚機(たなばた)」衣を織る女性を「棚機女(たなばたつめ)」と呼んでいたそうです。
日本に伝わった七夕も元々は七夕(しちせき)と呼ばれていましたが、「棚機(たなばた)」や「棚機女(たなばたつめ)」という言葉から「たなばた」と呼ばれるようになったのではないかというお話が残っています。

七夕は、別名で「笹の節句」「星祭」と呼ばれることもあります。

七夕飾りの意味

五色の短冊:手習いの上達
折鶴(千羽鶴):長寿
吹き流し:裁縫の上達・魔除け
網飾り:大漁
財布(巾着):金運UP
神衣・紙衣(かみこ):裁縫の上達・厄災の身代わりに
くずかご:整理整頓・物を大切に

七夕には笹に短冊を飾る風習がありますが、笹に願いを込めた短冊を飾るのは笹が「神様の依り代」と信じられているためだと言われています。

笹の葉には短冊以外にも様々な飾りが施され、折り紙を器用に使って作られる飾りはとても可愛らしく揺れる姿も素敵ですね。
七夕飾りにはそれぞれ意味があるので、短冊以外にもたくさんの願いが込められていることがわかります。

例えば、折鶴には「長寿」への願いが込められており、吹き流しや紙衣(かみこ)には裁縫の上達や自分の身代わりとして厄災を肩代わりしてもらうという意味があります。
財布はそのままの意味で「金運が上がるように」という願いが込められていて、本物のお財布を下げることもあるのだそうですよ。

子供のころは意味もわからず飾りを作っていましたが、一つ一つに意味があったのだと知ると作るのがまた楽しくなりそうです。
自分の一番お願いしたい意味を持った飾りを多く作ったりもするのでしょうか…。
金運UPを狙いまくっている方の笹には、お財布がたくさん下がりそうですね。

最後に

今回は七夕のお話をしました。
七夕と言えば織姫と彦星のお話が有名で、この時期になると星を眺める方も多いかもしれませんね。
2人が出会う天の川を一目見ようと毎年眺めますが雨も多いこの時期…
今年は梅雨明けが早かったので、いつもは見られない天の川を見れる機会もあるかもしれません。

暑くてバテてしまいそうなお天気が続きますが、夜は涼しいこともありますので七夕の夜にはぜひ空を眺めてお願い事をしてみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!