どんな花火が好き?夏の風物詩「花火」の種類や特徴

「夏」は連想できるものが多い季節です。
涼しげな食べ物・涼しさを演出する音や景色、お祭り・屋台に花火…
皆さんの夏の思い出の中には、どんなものがあるでしょうか?

今回はそんな夏の風物詩の中から「花火」についてお話していきたいと思います。

夏の夜空に咲く火の花

夏になると見たいものはたくさんありますが、夜空に「花火」が打ちあがる瞬間は何度見ても素敵な時間です。
夏以外にも花火が上がる時期はあるかもしれませんが、お祭りのイメージが強い夏はやはり花火のイメージの季節ですね。

花火は「火薬・金属粉末」などを使用して作られ、着火して打ち出すことでまるで空に花が咲いたように色とりどりの火が飛び散っていく様子がとても美しいです。
花火の色は作成時に使用される金属の種類によって変わるので、配合によって色彩豊かな美しい花火を見ることができます。

一言で「花火」と言っても様々な形態があり、色だけではなく「大きさ・形」などを絶妙に組み合わせることで花火を見る人を楽しませる工夫が凝らされている花火が多いのも魅力の一つですね。

花火の種類

◇玩具花火
◇打ち上げ花火
|・割物
|・半割物
ー・ぽか物
◇仕掛け花火 など

花火には「玩具花火(おもちゃはなび)」「打ち上げ花火」「仕掛け花火」などの種類があります。
玩具花火は個人でも楽しむことが多いコンパクトな花火、打ち上げ花火や仕掛け花火は花火大会などの大きな会場で見られることが多いものです。

玩具花火

・ススキ花火
・スパーク花火
・線香花火 など

玩具花火は、ホームセンターなどでも売られている手で持って使用できるコンパクトな花火の事です。
家族や友人と遊んだことがあるという方も多いのではないでしょうか。

玩具花火は「手持ち花火」とも呼ばれますが、その姿がススキの穂に似ていることから「手持ちススキ花火」と呼ばれることもあります。
色鮮やかで賑やかな花火もありますが、線香花火の様に手元でゆったりと楽しむことができる花火があるのも魅力的ですね。

打ち上げ花火

【割物】菊
【割物】牡丹
【割物】芯入り菊
【半割物】錦冠菊(しだれ柳)
【型物】ハート・キャラクター
【スターマイン】冠(かむろ) など

打ち上げ花火は、その名の通り空に打ち上げるタイプの花火です。
自分でも着火できるような小型タイプのものから、花火大会などで見ることができる巨大なものまで大きさも内容も色々とありますね。
打ち上げ花火には「割物(わりもの)」「半割物(はんわりもの)」「ぽか物」など細かく分類わけがされています。

割物は大きな円形状の範囲に「菊・牡丹」などの花の形の花火を打ち上げるもの、半割物は少し小さめの複数個の花が同時に空に咲くような形の花火です。
ぽか物というのは、空に打ちあがった一つの花火がそこから分裂して落ちて行ったり飛び交ったりするような形の花火になっています。

花火大会では地域によってどの花火をどのタイミングで打ち上げるのかというのも変わるので、首が痛くなっていることにも気づかないほど夢中で空を見上げてしまうことも多いですね。

仕掛け花火

・ナイアガラ
・水中花火 など

仕掛け花火は、見た目にも賑やかで花火大会の中でも楽しみにされている方も多いかと思います。
有名なところだとナイアガラの滝という世界でも有名な大きな滝をイメージした「ナイアガラ」という仕掛け花火。
花火が滝が流れるように降り注ぐ光景は、実際に見るととても幻想的で一度見たら忘れられないような美しさがありますね。

最後に

今回は「花火」についてお話していきました。
最近では花火もオンラインで見られることが多く、実際の音の迫力や振動などはありませんがそういった感覚が苦手な方や忙しくて見に行けない方にとっては手軽に楽しむことのできる時代となりました。

予想以上の酷暑の厳しい夏ですが、花火や涼しい物を見ながらぜひ楽しい夏をお過ごしください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!