これって「天気痛」?気圧の変動で起こる症状は耳と関係していた

何事も「体が資本」と言われるように、何をするのにも健康な体はとても大切なものです。
でも、私たちの体は知らず知らずに色々なものの影響を受けているので、体力がないと体調を崩してしまうこともあります。
今年は温度差の激しい夏ですから、体調を崩されている方も多いかもしれませんね。

今回は夏にかかわらず私たちを悩ませている「天気痛」のお話をしていきたいと思います。

「天気痛」とは?

【天気痛例】
・めまい
・頭痛
・肩こり
・首や腰の痛み
・関節リウマチ
・古傷の痛み
・気分の落ち込み など

皆さんには、日々の中で頭を悩ませている症状はありますか?
私は片頭痛持ちなので天気や体調によって起こることがあり、仕事などの予定がある日は特に困ってしまうことがあります。

天気痛とは「天気・気圧」などで体調に影響を及ぼしてしまう気象病の一つで、めまい・頭痛や古傷の痛み等の症状のことです。
その症状は多岐にわたり、人によって症状の重症度も変わってきます。

症状の中には「めまい」「頭・首・腰などの痛み」などの体の不調から、「更年期障害の悪化」「気分が落ち込む」などの精神的な不調もあります。
また、雨の日に過去に負った古傷が傷んでしまったり、喘息などの持病が悪化してしまうという場合もあるのでなかなかに厄介です。

気圧と耳の関係

天気痛の原因は「気圧」だと言われています。
天気は日々変化していき、特に夏は天気の変化が激しいですよね。

気圧は、その名の通り「空気の圧力」の事です。
空気は目に見えませんが他の物と同じように重さがあるので圧力も生じます。
天気での気圧は、空気の層が薄く周囲よりも気圧が低い場合には「低気圧」になります。
地表近くの空気が周りから内側に向かって空気が流れ込み上昇していく形になるので、雲が発生しやすく雨などのお天気になることが多いです。

反対に「高気圧」は、空気の層が厚く周囲よりも気圧が高い状態になります。
低気圧とは違い、地表近くの空気が外に向かって流れていく形になるので雲が発生しにくく、晴れなどのいい天気になることも多いです。

普段住んでいる場所よりも高い場所に行くと「耳が詰まる」という感覚を体感したことはありませんか?
これは急激な気圧の変動によって起こる症状で、標高の高い場所に行かずとも気圧の変動によって起こることがあります。

私たちの「耳」は気圧の影響を受けやすいと言われています。
急激な気圧の変化によって自律神経のバランスを崩してしまう為に「天気痛」を引き起こすことに繋がってしまうのです。

天気痛の対策

【耳の血行を良く】マッサージで血行UP
【規則正しい生活】早寝早起き
【バランスの良い食事】ビタミンB群・鉄・亜鉛など

天気痛の対策としては、まず「規則正しい生活」を心がけてビタミンB群・鉄などを含む「バランスの良い食事」をするように気を付けてみてください。
体にとって栄養と休養はとても大切です。
“つい夜更かししてしまう…” という方や ”食欲がない…” という方は、食べやすいものを食べていつもより少しだけ早めに休むようにという感じから始めてみてください。

天気痛は「耳」に影響が出やすいので、耳のマッサージをするなどして耳の血行を良くしておくと予防・改善することができます。
手や綿棒を使うことで簡単にマッサージできますので、「朝起きてやる」など習慣化してしまうといいかもしれません。
※押しすぎ・無理なマッサージをすると痛めてしまいますのでお気を付けください。

 

「どうしても…」という場合には、鎮痛薬を服用したり事前に酔い止め等を服用しても良いかと思いますが、薬も飲み合わせなどがあり飲みすぎも良くない場合があります。
市販薬を使う前に医療機関へ相談してみたり、生活改善・マッサージを取り入れて改善するかをぜひ試してみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!