「湿度」を制して健康的な生活を!快適に過ごせる湿度とコントロール方法

夏というのはジメジメとした湿気の季節。
カラッと晴れる日は気持ちがいいものですが、気温が低くとも湿度が高い日はまとわりつくような暑さがあって耐え難いものですね。

今回はそんな「湿度」についてお話していきたいと思います。

湿度と生活の関係

生き物には「変温動物」と「恒温動物」というものがあって、変温動物であると外気の変化に順応に対応していくことはできません。
寒い時期に冬眠してしまう生き物が変温動物と呼ばれていますね。

私たち人間は ”恒温動物” なので、夏の暑さの中でも真冬の寒さの中でも体温を調整して生きていくことができます。
生きていくことはできるのですが、やはり急激な温度変化には弱いようで季節の変わり目で「夏バテ」「夏風邪」「冬風邪」など体調を崩すことは多いです。

体調を崩す時期というのは温度の関係もありますが「湿度」も大きく関係しています。
わかりやすいところで言うと ”夏のジメジメとした暑さ” でしょうか。

カラッと晴れている夏の一日は温度が高くとも日陰にいるだけで気持ちがいいですが、湿度が高くジメっとしている暑い日は温度がまあまあであっても暑く感じてしまいます。
室内でもクーラーの温度は同じでも湿度の高さによって「暑さ」の感じ方が変わって、少し除湿にして湿度を下げるだけで涼しくなることもありますね。

快適な湿度はどのくらい?

【快適な湿度:40~60%】
40%以下:体・目の乾燥、ウイルスの繁殖
60%以上:カビ・ダニの発生

皆さんのお部屋の湿度は、今どのくらいになっていますか?
夏の湿度が高い日だと「70%」「80%」なんて日もあって、湿度計を見る度に驚いてしまいますよね。

私たちが生活する上で快適な湿度は ”40~60%” と言われています。
40%以下になると「体の乾燥」に繋がり、ウイルスなども繁殖しやすくなってしまいます。
反対に60%以上になってしまうと「カビ」「ダニ」の発生に繋がってしまうのが厄介です。

夏場は外に洗濯物を干せないこともあるので部屋干しの方も多いかと思いますが、洗濯物を室内に干すと湿度は ”10~20%” ほど上がってしまいます。
冬場なら湿度の上昇は嬉しいものですが、湿度の高い夏には少し厳しいものがありますね。

湿度をコントロールしよう

加湿:加湿器・適度な暖房の使用
除湿:除湿器・エアコンで調整 など

外気は季節や天候によって変化していくものです。
なので、温度や湿度は自分でコントロールしていくことが大切になってきます。

夏場であれば「除湿器」が有効です。
カラッと晴れた日で良い風が吹いている日なら窓を開けて部屋の中を換気したりすることでも除湿が進みます。

除湿器やクーラーの除湿機能などを使用して湿度を調整する場合には、乾燥に注意しましょう。
湿度を下げすぎてしまったことによって寒く感じることもあり、部屋の中と外での温度差が激しくなってしまうと風邪・夏バテの原因になります。

温度・湿度を確認しながら、適度に運用するのがおすすめですよ。

冬場に加湿をする場合には「加湿器」が有効ですが、暖房器具を使いすぎないようにすることでも乾燥を防ぐことができます。
必要以上に部屋を温めすぎないようにし、寒くても白湯などで水分はしっかりと摂るようにしましょう。
加湿器にも色々と種類があり、アロマなどを使用できるものもあるので好みや生活環境に合わせて選ぶと楽しく加湿できますよ。

加湿器・除湿器・エアコンなどの機械は、使用頻度が高く水分を含むことも多いので定期的なメンテナンスが必要です。
洗浄・乾燥させたりするとカビの発生を防げますので、週に一度など時間を決めて綺麗に掃除し清潔な状態を保ちながら安全に使用してみてください。

1年を通して健康に関係してくる「湿度」。
ぜひ、湿度を自由自在にコントロールして天候に負けない生活を作ってみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!