塩・砂糖が固まる…高温多湿な時期に試したい食品の湿気対策

夏になると困るものの一つというと…やはり「湿気」でしょうか。
夏は天気の移り変わりの激しい季節で、特に日本の夏は湿度が凄まじいですよね。

湿気が多い季節になると、ジメジメで髪型なども崩れてしまいますし。
何より食品の管理も大変になります。

今回は、この時期に困ることの多い「食品の湿気対策」についてお話していきたいと思います。

夏の食品管理

皆さんの家には、今どんな食品がありますか?
夏になると温度もそうですが、湿度の面で食品の保管場所に悩みます。

例えば、朝食に食べることも多い「食パン」
食パンは常温で保存されている方も多いかと思いますが、一人暮らしなどですぐに食べきれずに放置してしまう場合だとカビが生えてしまうことが多いです。
パンの中央や耳の部分に黒い点があったら要注意です。

野菜なども冬場であれば床下やクローゼットなど冷暗所へ保管することが多いですが、部屋によっては冷蔵庫などで保管しないとダメになってしまったりします。
適当においておくとすぐにカビたり腐ったりしてしまうので、夏場は食品の管理をしっかりとすることが大切ですね。

食品と湿気対策

【珪藻土】
植物プランクトン(珪藻)の化石で無数の穴が開いている。
湿度を維持する効果があり、過剰な時には「除湿」
不足している場合には「加湿」する特性がある
————————————————————
【シリカゲル(2種類あり)】
A型:低湿度での吸湿に優れる(食品・電子機器・医薬品)
B型:高湿度での吸湿に優れる(床下・楽器・梱包)

夏になると「食中毒」という言葉を聞く機会が増えます。

食中毒の原因となるような菌にも種類によって好む条件は変わりますが、「水分・栄養・温度」のある場所に菌は繁殖しやすいという傾向があります。
水回りにカビが発生しやすかったり、パンがカビやすいのも水分や栄養がたくさんあるからですね。

食品を安全に管理するためには、温度と主に「湿気対策」を行うこともとても大切になってきますよ。

食品の湿気取りというと、おせんべいなどにも入っていることの多い「シリカゲル」やバスマットなどでも人気のある「珪藻土」というものがあります。
使っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

珪藻土は100円均一などでも販売されており、塩などの調味料やコーヒーなどの飲料へ入れたりして使用できます。
珪藻土はシリカゲルなどに比べて ”適度な湿度を保ちつつ除湿する” 効果がありますので、砂糖などの「少し湿度が欲しい食品」に使用するのがおすすめです。

塩・おせんべいなど、しっかり湿気を取りたい食品には「シリカゲル」を使用することで食品を安全に美味しく保管することができますよ。

食品の湿気は、瓶などの「密閉容器」に入れることでも対策可能です。
食品を保管する場合には、どの容器に入れるかも考えながら保管してみると長期間保管することができる場合があります。

<この記事も一緒に読まれています>
食品をパリパリに保つ乾燥剤!水をかけると発熱するって本当?

最後に

今回は「食品の湿気対策」についてお話ししました。
食品の湿気対策は珪藻土やシリカゲルを使用する方が多いかと思います。
手軽に購入して使用できるものも多いので、生活スタイルに合わせて好きなデザインのものを使って食品を管理するのが楽しいですね。

珪藻土は以前にアスベスト関係の自主回収などもありましたので、食品などに使用する場合には「成分」や「各メーカーのお知らせ」をチェックしながら購入してみてください。

日本の夏は高温多湿な季節。
人間も参ってしまうことが多く、食事も適当になることも多いです。

冷蔵庫に食品を保管していたとしても冬より腐りやすい場合がありますので「冷凍」を活用したり…
乾燥剤を使用して、できるだけ食品を長持ちさせる工夫をしてジメジメした夏でも食事を楽しんでみてください。

 

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!