9月は秋の衣替え!衣替えの時期と気を付けたいこと

9月になり、季節も少しづつ変わってくる時期となりました。
やっと酷暑の夏が終わって涼しくなってくるのかと思うと、秋が来るのが待ち遠しくなってしまいますね。

季節が変わる時というのは、服装や身だしなみを変える時期。
夏に合わせて準備していた薄手の衣服から少し暖かい衣服へと変わっていきますね。
今回はそんな「衣服の衣替え」についてお話していきたいと思います。

衣替えとは?

皆さんは ”衣替え” をしていますか?
ファッションや身だしなみは人それぞれの個性や好みがとても分かれる分野ですので、どの季節でも着まわせるものを準備している方や…
反対に季節に合わせて衣服を準備して、その季節ならではの装いを楽しむという方もいらっしゃるかと思います。
近年では、春・秋などの中間の季節がすぐに過ぎ去ってしまいますが、夏や冬で衣類や髪型を変えるというのもとても楽しいですよね。

衣替えとは、その名の通り「季節の変化に応じて衣類を替える」という意味があります。
外気の温度に合わせて衣類を選ぶことは健康の面でも大切なことですが、身だしなみを整えると気分的にも楽しくなってしまうことが多いです。

健康・マナーという部分も もちろんありますが、生活の中での楽しみを一つ増やすという意味でも衣替えというのはとても大切な習慣ですね。

<この記事も一緒に読まれています>
布団たたきはNG?そろそろ始めたいふとんの衣替えとメンテナンス

衣替えの時期はいつ?

春の衣替え:4月
夏の衣替え:6月
秋の衣替え:9月
冬の衣替え:10月

日本には四季があり季節が4種類ありますので、衣替えも春夏秋冬で年に4回行います。
目安の時期としては「春は4月・夏は6月・秋は9月・冬は10月」頃で、その月の上旬ごろまでに準備をしておくのがおすすめです。

入学式や卒業式など、予定・生活環境の変化に合わせて準備をしておくというのも大切ですね。

衣替えのポイント

◇洗濯・クリーニングを済ませておく
◇季節ごとに衣類を仕分ける
◇使用頻度によって仕分ける
◇どこに何をしまったかメモをする など

衣替えをする際には、まず使用しないものは綺麗に洗濯してしまいましょう。
それぞれの衣類についている洗濯用のタグを確認して、ネット使用・ドライで洗濯したり…
物によってはクリーニング等に出して、次の季節でも安心して使えるよう準備しておきましょう。

綺麗に洗濯出来たら仕分けをして、収納場所を決めていきます。
季節ごとや使用頻度・衣類の種類などによって衣類を仕分けて行きましょう。

仕分けができたら、収納ボックスやタンスに綺麗にしまっていきます。
100均一等で購入できるチャック付きの収納はとても便利ですが、積み重ねてしまうと下や奥にあるものを取り出すのが大変になってしまいます。
「面倒だから手前にあるものだけ着るか…」となってしまいそうな可能性がある場合には、積み重ねても使用できるボックスではなくタンス等の開けやすい収納にしまっておくのがおすすめです。

収納出来たら、どこに何をしまったのかメモを取っておくと安心です。
ボックス等にマスキングテープを使ってメモしたり、スマホのメモ帳や手帳にメモを取っておいてもいいですね。

片づけをすると、既に習慣になっていた置き場所は覚えていても片づけ後の新しい置き場所を覚えていないということもあるかと思います。
忘れっぽい方もそうでない方も、メモを取っておくと欲しい時にすぐ目的のものを見つけることができますよ。

最後に

今回は「衣服の衣替え」についてお話していきました。
秋めいては来ましたが、まだ暑い日も多いので衣替えの時期を考えるのは少し難しいお天気が続きますね。

忙しいとできなくなってしまうこともあるかと思うので、時間がある時に準備だけしておくと気温が急に変わったときに対応できて便利ですよ。
季節の変わり目は温度変化が激しいですので、しっかりと衣替えをして暖かくお過ごしください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!