自宅のシンク下、大丈夫ですか?シンク下のニオイ・カビ対策

湿気まみれの季節が終わりに近づき、息のしやすい季節が増えてきましたね。
ですが、お天気が悪いこともあり雨も増えていますので、湿度の高い時期はまだ続きそうです。
湿度が高いと、困るのが水回りのカビ…
掃除したばかりでもすぐにカビだらけになっているのを見ると、カビキラーを持たずにはいられませんね。

今回は、そんな水回りのお掃除の中から「シンク下のお掃除」についてお話していきたいと思います。

シンク下はカビやすい

皆さんの家のシンクの下には何が入っていますか?
キッチンの形は様々な種類があるので収納が少ないキッチンもあれば、反対に収納がたくさんあるキッチンもありますよね。

物を入れられる場所があると、つい物を詰め込みたくなってしまうものです。
気づくと鍋や調味料でいっぱい…なんてことも多いですよね。

シンクは水を扱う場所なので「湿気」が溜まりやすいです。
カビは ”水” と ”栄養” が大好きなので、シンク下というのはカビにとって過ごしやすい場所になっています。
ゴキブリ等の虫にとっても快適な場所になってしまうこともあるので、定期的にお掃除をして綺麗に保っておくことが大切です。

目に見えて汚れていると綺麗にしたくなりますが、目に見えない・見えづらい汚れというものもたくさんあります。
口に入れるものを作る場所なので、知らず知らずに食べてしまわないように綺麗にしておくと安心して楽しく食事をすることができますね。

シンク下のお掃除方法

①シンク下にあるものを全て外へ
②取り外し可能なものは外して洗浄
③掃除機でホコリを回収
④固く絞ったタオルで拭き掃除
 酷い汚れは薄めた中性洗剤で落とす
⑤綺麗に拭き上げたらアルコール消毒

シンク下をお掃除する時には、一旦入っている物を全て取り出してしまいましょう。
どこか一か所にまとめて置いておいてください。

物が取り出せたらホコリを掃除機で吸い取っていきます。
掃除機がない時には雑巾などで回収してもOKです。
ホコリが取れたら中の状況を確認し、汚れているようなら薄めた中性洗剤を使用してスポンジやタオルで綺麗に落としていきましょう。

カビが酷い場合には「重曹」や「クエン酸」がおすすめです。
クエン酸小さじ1/2程度をぬるま湯100mlに溶かしてクエン酸水などを作って使用することでカビを綺麗に落とすことができます。
キッチンの素材などによっては使用できない場合もありますので、説明書などをよく確認してから使用するようにしてみてください。

綺麗になったら最後に綺麗に拭き上げをして、キッチン用アルコールなどで消毒しておきましょう。
お掃除が終わった後はすぐに物をしまわずに…
しばらく換気をしておくとカビ臭さなども抜けやすいのでおすすめです。

綺麗なシンク下を維持するために

・物を入れすぎない
・定期的に換気をする
・濡れた状態でしまわない
・除湿をする など

シンク下を綺麗に保つためには、水分・栄養をため込まないようにすることが大切です。
調理器具は清潔な状態にし、必ず乾燥させてから収納しましょう。
物を収納しすぎてしまっても通気性が悪くなります。
よく使うもの以外は別の場所に保管するなどして、しまい込みすぎないように注意してください。

可能な場合には定期的に乾燥させたり、キッチン用アルコール等で除菌しながら拭き上げるのも効果的です。

最後に

今回は「シンク下のお掃除」についてお話していきました。
なかなか掃除しにくい場所ですが汚れやすい場所でもありますね。
便利なものを見つけると、つい買ってしまって気づくと鍋がたくさんある…なんて方も多いかもしれません。
今年も半分以上終わり大掃除も近づいてくる時期となっていますので、ぜひこの機会に物を少なくしてお掃除しやすい環境を整えながら清潔に保ってみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!