ジャック・オー・ランタンは魔除け?ハロウィンの由来やお菓子

10月も中旬になり、夏の暑さもやっと終わり肌寒い日も増えてきました。
衣替えに悩んでいた方でも、厚手の衣類や布団を引っ張り出してきたという方も多いのではないでしょうか。

寒くなってくると、いよいよ冬に向かって行くのだなと感じます。
寒い時期には色々な行事がありますが、10月の終わりと言えば「ハロウィン」がありますね。
今回は、そんな「ハロウィン」についてお話していきたいと思います。

「ハロウィン」とは?

ハロウィンは、10月の最終日である ”10月31日” に行われる行事で「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれる加工を施したカボチャを飾ったり、仮装をしたりしながらにぎやかに楽しむ行事となっています。

ハロウィンは「ハロウィーン(Halloween)」とも呼ばれ、起源は「古代アイルランド」だと言われています。
古代アイルランドに住んでいたケルト人の方々にとって10月31日は現在の日本で言う ”大晦日(1年の終わり)” であり、死者の霊(先祖の霊)が訪ねてくると信じられていました。

この日に訪ねてくる霊は様々な形をしていて、妖精であったり悪魔であったり…
悪い霊も多く集まることから彼らの機嫌を取るために「食べ物」を準備し、彼らと同じような姿の「仮装」を子供たちにさせることで悪い霊に気づかれないようにしていたのだとか。

現代では様々な形で行われる仮装。
定番の魔女・ドラキュラ・ゾンビ・カボチャ等から、アニメのキャラクターまで多種多様な可愛らしいコスプレも多いですね。

お祭りのように賑わうことも多いこの日には、たくさんの子供たちの笑顔も多いことでしょう。
ニコニコしながら過ごしていたら、いたずら好きの霊たちもいたずらを忘れて一緒にお祭りを楽しんでしまいそうですね。

ジャック・オー・ランタンは何のため?

ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-Lantern)は、カボチャをくり抜いて目・口等を作り中にろうそくを立てて作られるもので、ハロウィンと言えばというような代表的な装飾です。
オレンジ・黄色いカボチャを使用して作られることも多いジャック・オー・ランタンですが、元々は人間の頭蓋骨を模して「白いカブ」を使用していたと考えられています。

ジャック・オー・ランタンの顔は作成者によって様々で、可愛らしい表情・面白い表情のものもあれば霊を追い払うために「怖い顔」のジャック・オー・ランタンを作ることもあるのだとか。
様々な表情のジャック・オー・ランタンに明かりが灯り、夜に輝く光景は恐ろしいような幻想的なような…とても不思議な気分の光景が広がりますね。

「トリック・オア・トリート」の由来

ハロウィンに子供たちが家を訪ねて言う言葉と言えば「トリック・オア・トリート(Trick or Treat)」
“お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ” という可愛らしい意味が有名ですが、この言葉の由来は「ソウリング(Souling)」というヨーロッパの風習なのだそうです。

ソウリングの日には、子供たちが仮面を身に着けて家を訪ね「ソウルケーキ(Soul cake)」と呼ばれるスパイスたっぷりのビスケットを貰い、このソウルケーキを捧げて亡くなった方を供養しています。

お菓子を貰うために家々を回る「トリック・オア・トリート」という風習は、このソウルケーキを貰う風習から発展したのではないかと言われているのですよ。

最後に

今回は「ハロウィン」についてお話していきました。
数年前には日本でもハロウィンの日にかなりの人が仮装をしてお祭りのように賑わう姿がありましたね。
今年も大勢の方が集まる行事というのはなかなか難しいですが、ハロウィンの為にお菓子を作ったり準備するのは楽しいかもしれません。

日本にも先祖の霊が帰ってくるという風習はたくさんあります。
いたずらはされなくとも、お菓子を準備してお供えしたり大切な誰かに渡しながら思いをはせてみるのも素敵かもしれませんね。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!