七五三はどんな行事?年齢ごとの意味合いや準備することとは

寒さが近づく11月には子供の成長をお祝いする行事があります。
今回はそんな「七五三」についてお話していきたいと思います。

七五三とは

皆さんは七五三に思い出がありますか?
子供の頃ですから「覚えていない…」という方も多いかもしれませんが…
「何か長い飴を食べたな」とか「いつもと違う格好をしてどこかに行ったな」なんて、ぼんやり覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

七五三は「子供の成長をお祝いする」目的で行われる行事の一つ。
子供たちが特定の年齢にまで成長したら、可愛らしい着物を纏って正装をしてから神社や寺などで ”無事に成長したことへ感謝” をしてこれからの ”健やかな成長を祈願” します。

七五三を行う年齢は、七五三という行事名と同じで「3歳・5歳・7歳」となっています。
この年齢は数え年で計算されて、男の子は「3歳・5歳」女の子は「3歳・7歳」でお祝いする習わしですが、近年では何度もお祝いせず5歳でのみ行うなど家庭によって七五三の形態も様々な形に変化しているようです。

祝う年齢にはそれぞれ意味がある

3歳(髪置き):長寿を祈願
5歳(袴着):男の子の成長を祝う
7歳(帯解):女の子の成長を祝う

各年齢で行われるお祝いには、それぞれ「髪置き(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解(おびとき)」という名称があります。

3歳で行われる「髪置き」は、子供が髪を伸ばし始める年です。
平安時代頃などの子供たちは髪を坊主にする風習があり、3歳頃になると髪を伸ばし始めるという風習がありました。
髪を伸ばし始められるようになる3歳まで無事に成長したことに感謝し、髪が白くなるまで長生きするようにという願いをこめて頭に「綿白髪(わたしらが)」と呼ばれる絹糸や真綿で作った ”カツラ” を被せて長寿を願う日として知られています。

5歳と7歳の七五三のお祝いは「袴着」「帯解」と呼ばれ、男女でお祝いする時期が異なります。

5歳の男の子の成長をお祝いをする「袴着」は、その名の通り大人と同じように「袴」を身に纏うようになる日のこと。
袴や羽織を身に着けて大人へまた一歩近づく頃として、成長を祝う日となっています。

7歳の女の子の成長をお祝いをする「帯解」は袴着の女の子バージョンのような形です。
子供の着物等には「付け紐」と呼ばれる着物を身に着けやすくする工夫が施されていますが、7歳になるとこの付け紐を取り、大人と同じように「帯」を身に着けるようになっていきます。
帯を身に着けて大人に一歩近づく頃として、女の子の成長を祝う日とされています。

七五三はいつ?

七五三は「11月15日」がその日として知られていますが、10月中旬~11月中旬辺りで七五三を行うご家庭が多いですね。
“大安” “吉日” などの縁起の良い日を選んで七五三詣でを行ったり、冬になって寒くなってしまう前にということで早めにお参りを済ませるという方もいらっしゃるようですよ。

お父さん・お母さんのお仕事の都合もありますが、子供の体調・成長に合わせて日程を決めたりすると良いかと思います。

七五三の準備…何をする?

①使用する場所の予約など
 ・参拝する神社の予約
 ・着付け・ヘアセットの予約
 ・写真撮影の予約
②正装をしてお参りへ

七五三のお祝いでは、主に「神社の予約」「着付け・ヘアセット・写真撮影の予約」等が必要になってきます。
時期になると混みあう可能性がありますので、早め早めに予約を取っておくと安心かと思います。
写真撮影スタジオ等で衣装の貸出・ヘアメイク等を行って貰える場合もありますので、予約する撮影スタジオでどこまでお願いできるのかを確認して予約を取っておきましょう。

当日には祈祷のお礼として「初穂料(はつほりょう)」を準備し、写真を撮影する場合にはカメラ等をお忘れなく。

七五三は、準備が大変な行事ではありますが、子供の成長を改めて感じることができる行事でもあります。
ぜひ、しっかりと準備をして楽しくお参りをしたり今後の健やかな成長を祈願するとともに、可愛らしい晴れ姿のシャッターチャンスを逃さぬようお過ごしください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!