パソコンに水!電子機器に水をかけてしまった場合の対処方法とは

テレワークの方も増え、パソコンに向かい合ってデスクワークをするという方も増えてきました。
今回はそんなテレワーク等でも困ることがある「電子機器の水濡れ」についてお話していきたいと思います。

「水」は要注意!

皆さんの作業環境・パソコン周りには何が置いてありますか?

パソコンを使っての作業が増えてくると、飲食などもパソコンと向かい合ってすることが増えるかと思います。
作業しながら食事を摂ると「消化に良くない…」なんてお話もありますが、食事はとても大切ですので忙しい中でも少しでもご飯を食べて体力をつけることは重要なことです。

ですが、疲れていたり急いでいたりすると手元がくるって物を落としてしまったり、倒してしまったりということも多いですよね。
食べ物をこぼすのも場合によっては大惨事となりますが、特に「水」は電子機器にとって大敵で感電などの危険性もあるために注意しなければならないものです。

電子機器のそばで水分のあるものを食べる場合には、こぼさないような工夫をすることが大切になってきますよ。

パソコン作業中の飲食で気を付けたいこと

・近くに置かない
・フタ付きの容器を活用する
・防水シートや防水ケースを活用する
・早めに片づける など

電子機器のそばで飲食をする場合には、水分のあるものはなるべく ”遠く” に置いて ”早めに片づける” というところを意識しておくと良いかと思います。
どうしても作業しながらになってしまう場合には、なるべく水分の少ないものを食べたり少し倒してもこぼれないような容器に入れておけると安心です。

飲み物はマグカップなどで飲む方も多いかと思いますが…
「こぼしてしまうことが多い」という方は、フタ付きの容器に入れたりペットボトルなどでキャップができるような形で準備しておくと倒してしまっても安心ですよ。
食事が終わったらなるべく早めに片づけを行い、飲み物を飲み終わったらすぐにキャップをしめる癖をつけておくのもおすすめです。

水をかけてしまったら?

①電源を必ずOFFにする。
 シャットダウン・コンセントを抜く等
 ※ノートパソコンの場合にはひっくり返して置く!
—————————————————
②柔らかめのタオルで水分を拭き取る
—————————————————
③24時間以上乾燥させる
 タオルの上に置くなどして、常温で自然乾燥。
 ※完全に乾くまで通電しない!

パソコン・キーボードなどの電子機器に水をかけてしまったら、まずは速やかに電源をOFFにしましょう。
パソコンがついていた場合にはシャットダウンを行い、電源プラグもコンセントからしっかり外して完全に通電していない状態にすることが大切です。

キーボードやマウスなど有線で繋がっている機器などもしっかりと外しておきましょう。
ノートパソコンの場合には、ひっくり返しておくことで水分が重要なパーツまで到達してしまうのを防げることがあります。

通電していないことが確認出来たら、機器を傷つけない柔らかいタオルで水分を拭き取ってきます。
分解できる場合には分解できる部分を外して水分を拭き取りますが、パソコンは精密機器で破損しやすいパーツも多いので丁寧に拭き取ったり乾燥させることが大切です。

拭き取れたら、常温で放置して完全に乾くまで自然乾燥させます。
ドライヤーや冷蔵庫を使って乾燥させるという方法もありますが、場合によってはパーツが破損してしまう危険性があるため自然乾燥でゆっくり乾かすのが良いかと思います。

完全に乾いたら機器を繋げて、起動確認などを行いましょう。
塩分・糖分などの含まれているものをこぼしてしまうと後々になってパソコンが不調になってしまうこともあります。
起動で来たら早めにデータのバックアップなどを取っておくと安心ですよ。

お仕事でもプライベートでも使用することが多いパソコン。
ぜひ日ごろからバックアップを取って、もしもの場合に備えてみてください。
完全に乾かしてから通電しても直らない場合には、修理をお願いしたりすることを検討してみましょう。

<参考>
キーボード/マウスに飲み物をこぼした場合の対処方法-NEC LAVIE公式サイト
キーボードに水をこぼしたときの対処方法-富士通
本体やキーボードに水などの液体をこぼしてしまった-SONY
水没させてしまった端末の対処-ASUS

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!