鏡開きはいつ?鏡餅のお片付け時期とNGな開き方

ゆっくりダラダラ過ごしたお正月も終わり…
そろそろお正月の片付けをして新しい年の生活を始める季節ですね。

今回は松の内明けのお正月の終わり頃に行う「鏡開き」についてお話していきたいと思います。

お正月が終わったら…

お正月にはお正月飾り飾りを飾りますが、お正月飾りと共に「鏡餅(かがみもち)」を飾ることも多いです。
鏡餅はお餅を二段に重ねてあるもので、お餅をのせている台もお正月らしく華やかなものになっていますよね。

鏡餅は新年にお迎えする年神様が滞在する場所。
お正月が終わったら「鏡開き」という形で丁寧に片付けをすることが習わしです。

鏡開き

お正月の終わりが近づくと「鏡開き」という言葉をよく聞きます。
この鏡開きは、お正月に飾られた鏡餅を槌で割って食べやすい形にしてから頂くことで一年の無病息災を願うという風習です。

鏡開きは「松の内(まつのうち)」と呼ばれる年神様が滞在しているお正月期間が終わった後に行われるもので、関東では1月1日~7日頃が一般的になっています。
その為、鏡開きはそれより少し後になり “毎年1月11日” に行われています。
松の内の期間によっては1月15日や1月20日に鏡開きを行なう地域もあるのだそうですよ。

鏡開きでNGなこと

・松の内終了前に食べる
・刃物で切る
・食べずに捨てる など

鏡餅は年神様の依り代とされているものです。
その為、松の内が明ける前に食べたり、食べずに捨てることは縁起が悪いことだと言われています。

鏡餅は松の内が明けるまで食べずにしっかり飾り、松の内が終わったら早めに頂くようにしてみてください。

鏡開きの風習は武家から始まったと言われているので「切腹」を連想させることから鏡餅を刃物を使って切る事は良くないこととされています。
切腹を気にしないとしても、“縁を切る” というイメージにも繋がってしまう為やはり縁起の良くない行為となっています。
鏡開きをする際には槌て叩いて開いたり、乾燥が足りないものは手でちぎって頂いてみてくださいね。

最近では外側だけ鏡餅風になっているものもたくさん販売されています。
槌で叩いて開くことが難しかったり、飾り終わった後に食べやすいものをと選ぶ場合にはそういった商品もおすすめです。

時間が作れる場合には小さめの鏡餅を作ってみるのも楽しいかと思いますので、やってみようかなとなったらぜひチャレンジしてみてください。

鏡餅の食べ方

鏡餅を開いた後は通常のお餅と同じように食べてしまってOKです。
定番のおしるこやお雑煮に入れたり、油で揚げておかきにするのも捨て難いです。

薄くスライスしてチーズのように使ってみたり、お持ちの上にケチャップやチーズをのせてピザ風にしても最高ですね。
お餅を使ったレシピはたくさんありますので、余ってしまったらぜひ色々と作って楽しんでみてください。

最後に

今回は「鏡餅」についてお話していきました。
そろそろ鏡開きの時期。
お正月の間中、視界にチラついていたあのお餅をやっと食べる事が出来ますね。
どんな料理で食べようかとても悩みますが、最後まで美味しく頂いて今年の健康を願いたいものです。

お餅は毎年事故も多い食品ですので、少しでも体調が悪い方は無理せず…小さく切って食べやすい形にしてからゆっくり時間をかけて食べるようにしてみてください。
食べる前に水分を摂っておくことも大切ですよ。

お餅はこの時期の楽しみでもありますので、安心安全にいただきましょう。

<この記事も一緒に読まれています>
お正月前に確認!安全なお餅の食べ方と食べやすいお餅風の食品
お餅を焼いても大丈夫?トースターの汚れチェック・お手入れをしましょう

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!