年賀状のお返し・喪中の方へ「寒中お見舞い」寒い冬に暖かい言葉をしたためましょう

あっという間にお正月も終わり、どんどん季節が移り変わっていきます。
1月・2月は毎年寒い気候が多いので、これからどんどん寒さが厳しくなっていきますね。
寒い季節というと ”寒中お見舞い” という風習があるのを知っていますか?
今回はそんな「寒中お見舞い」についてお話していきたいと思います。

寒い季節のご挨拶

季節の変わり目とともに、お世話になった方や親しい方へ手紙や物を送る風習があります。
例えば…年末年始なら「お歳暮」に「年賀状」、暑さの厳しい夏には「お中元」や「暑中お見舞い」等がありますね。
年賀状・暑中お見舞い等は一枚のハガキに挨拶や近況報告・感謝などを伝えて送ったりするもので、季節ごとに変わるハガキのデザインを選ぶのも楽しみの一つになります。

寒中お見舞いは暑中お見舞いの冬バージョンのようなもので、親しい方・疎遠になっていた方に送って「挨拶」「近況報告」や寒い季節で体調を崩さぬように相手の体を気遣う気持ちをしたためたりします。

近年ではメール・SNSなどで手軽にメッセージを送れるようになりました。
ハガキを使って手紙を送るという方も少ないかもしれませんが、何気なく送った冬の挨拶の手紙で最近話していなかった人との縁をもう一度繋いだり…改めて色々なことを話すきっかけになったりすることもあるかもしれませんよ。

いつ送る?

松の内明け(1月7日)~立春(2月4日)まで
※1月末までを目安に送るとよい!

寒中お見舞いは「松の内明け~立春まで」に送ると良いとされています。
松の内は ”1月1日~1月7日” までのことが多いですが、地域によっては ”1月15日” まで松の内の期間に入ることもあります。

寒中お見舞いを送りたいと思った場合には、1月末頃までを目安に送るようにするのがおすすめですよ。

誰に送る?

・友人
・親族
・お世話になった方
・喪中の方
・年賀状を頂いた方 など

寒中お見舞いは、友人・親族やお世話になった方など手紙を送りたい方へお送りします。
年賀状を出しそびれてしまった場合に「年賀状のお返事」としてや、喪中で年賀状を出せない場合などに寒中お見舞いを送ることがあります。
喪中はがきのお返事として出すこともあるそうですよ。

皆さんは今年年賀状を出しましたか?
もし、年賀状を貰ってお返事をしていなかったら、寒中お見舞いとしてハガキに近況報告をしたためたり、LINEやメール・SNSなどで思いを伝えてみてください。

何を書く?

・挨拶
・相手への思い
・近況報告
・お礼や感謝の言葉 など

寒中お見舞いには様々な形式がありますが…。
始めは「寒中お見舞い申し上げます」という挨拶から始めることが多いです。
挨拶をしたら、相手へ伝えたい気持ち(健康を気遣ったり・健康を喜んだり等)を伝えたり、自分の近況報告・年賀状を頂いたことへの感謝などを書きます。

友人や親しい方であれば、少し砕けた言葉で書くのも良いですね。
寒中お見舞いを送る相手や場面に応じて言葉を選んでみると素敵な寒中お見舞いになるかと思います。

言葉選びが苦手だという方は、例文を参考にしながら書いてみると書きやすいです。
例文はあくまで参考程度にしながら、自分の中にある伝えたい気持ちも少し添えてみると素敵かもしれません。

最近はメールなどで短文でささっと言葉を送ってしまうことも多いですが、一度文字を全て手紙に書いて眺めてみるとその手紙を受け取った人が感じる気持ちを想像することができます。
ふいにポストを開いた時に、親しい人からの手紙があると嬉しいものです。
ぜひ、自分が受け取った時に嬉しくなったり、心が暖かくなるようなそんな寒中お見舞いを作ってみてください。

<参考>
寒中お見舞いテンプレート – 富士フイルム
寒中お見舞いテンプレート – 日本郵便株式会社

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!