豆まきは「大豆」?それとも「落花生」?地域で変わる豆まき習慣とは

1月が終わり…2月が近づいてくると思い浮かぶのが「節分」。
豆まきに恵方巻、その他にも節分にちなんだ料理・お菓子などがたくさん出てくる季節ですね。
スーパー・コンビニ等に出かけると見かける機会も多いので、つい楽しくなってしまいます。

今回はそんな節分での定番な「豆まき」についてお話していきたいと思います。

節分と豆まき

節分は毎年「2月3日」に行われる行事。
2月2日や2月4日になる年もありますが、2023年は ”2月3日(金)” が節分となっていますよ。

節分の日には「豆まき」をする風習があります。
これは目に見えない ”災難” を「鬼」に例えて、追い払うために ”魔を滅する” から「豆」を連想し豆を投げるという形になっていったと言われています。

お正月料理にも「豆」が入ったりするくらい、豆というのは各季節の様々な行事で使われることが多い物です。
それぞれの行事で様々な意味合いを持って使われるのはとても面白いですよね。

どんな豆でもいいの?

【節分に投げられている豆】
・大豆
・落花生 など

節分・豆まきというと「升に入った大豆」をイメージしますが、皆さんの住んでいる地域では節分の日にどんな豆を投げていますか?
節分で投げられている豆には「大豆」と「落花生」の2種類があり、落花生を使用しているのは北海道・東北地方が多いのだとか。

豆まきの風習は中国で大晦日に行われていた「追儺(ついな)」と呼ばれる ”厄を払う儀式” が由来だといわれています。
日本に伝わったのは奈良時代頃だと言われていて、当時流行していた疫病の対策として行われていたそうですよ。

北海道などで豆まきに落花生が使われるようになったのは「昭和30年代頃」
古くから伝わる風習も時代の流れと共に、各地域に合わせた形に変化しているのだと思うと面白いものですね。

なぜ「落花生」?

・衛生的
・拾いやすい
・掃除しやすい など

大豆ではなく落花生を投げるのには「衛生的」「掃除しやすい」などの理由があるそうです。

落花生は「殻」に包まれており、中には豆が2つほど入っているのが特徴的です。
殻の大きさは4cmほどあるのでたくさん投げたとしても大豆よりも探しやすそうですね。
大豆の大きさは大きいものだと9mmほど、小さいものだと5mmほどになるので落花生と比べるとかなり小さいことがわかります。

豆まきをした時に大変なのは「豆まきが終わった後」。
豆をまいている時は楽しいですが、まき終わった後のお掃除がとても大変ですよね。
愛犬・愛猫や小さなお子さんのいるご家庭では特に気になる部分でもあります。
投げてすぐに拾うとしても、落花生はとても拾いやすいので…
お掃除が大変だから嫌だったけど豆まきも楽しみたいという方でも楽しむことができますね。

落花生が殻に包まれている点もメリットの一つで、投げ終わった後に回収して食べる時にも衛生的という部分が落花生が好まれる理由の一つになっているようです。

良い点が多い落花生投げですが、落花生だと「年の数だけ食べる」という点では食べ過ぎてしまう危険性もありなかなか難しいようです。
落花生は中の豆の数ではなく「外の殻」で1個と数える方が多く、1個の落花生には2個の豆が入っていることもあり年の数を数えて食べてしまうと食べ過ぎになってしまうことがあります。

食物繊維が豊富な食品としても有名ですので、一日約30g(30粒)くらいを目安に食べるようにするのがおすすめです。
食べ過ぎると腹痛・下痢などの危険性もありますので十分にお気を付けください。

消費者庁では喉に詰まってしまう危険性があることから、 ”5歳以下” の子供には「ピーナッツ」「入り豆」などを食べさせないよう注意喚起を行っています。

もうすぐ節分・豆まきの季節。
豆まきを楽しむ方も多いかと思いますが、安全には十分にお気をつけて楽しんでみてくださいね。

<参考>
硬い豆やナッツ類は5歳以下の子どもには食べさせないで!-消費者庁

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!