コロナ感染症とリフォームの深い関係〜資材・建材不足

こんにちは、岡山市のリフォーム&塗装店いちずホームです。

秋らしい季節になり、朝は寒いくらいですね!

今日はリフォームにあまり関係ないようで、実はやっぱり関係があるコロナの流行について書かせていただきます。


今日のリフォーム産業新聞さんの記事で読んだのですが、今「トイレ」が入ってこないらしいです。

東南アジアでの新型コロナウイルスの感染拡大で納品が遅延するなどの影響が出ていた給湯器やトイレ。9月上旬には各メーカーが遅延状況を公表し、現場でも「モノが入ってこない」といった状況もあったが10月に入り少しずつ改善してきた。

トイレの納品遅延11月目処に正常化か、給湯器は影響続く

トイレ!?トイレが足りないの?と、思われる方も多いかもしれません。

実はトイレって、東南アジアで部品が作られているものもあるらしいです。

トイレといえば、TOTOさんなんかが有名なメーカーですが、ベトナムのロックダウンの影響で部材の供給が止まっているとのこと。

今はベトナム以外の生産拠点で確保の目処がついたらしいです、良かった!

少し前はウッドショックなんて言う、住宅用木材の高騰化も騒がれていました。

石油やレギュラーガソリンじゃなくて、どうして木材の値段が高くなるの?と思われるかたも多いかもしれません。

国内外問わず、需要に供給が追いつかなくなると木材価格は高騰するようです。

コロナ禍で輸送用のコンテナ数が不足していたりすると、輸入木材には致命的な影響を与えるようです。

国内材木に関しても林業自体の高齢化や人手不足で、急に生産量を増やすことが出来ません。

コロナ後のウッドショックは、下流にいるリフォーム提供業者には良いことがあまりないかもしれません。


実際に岡山県の現場でも、フローリング材が入ってくるのが遅れたことがありました。

工事を提供する側だけの都合ならまだ良いのですが、今お家で困っているお客様のことを考えると非常に心苦しいものがあります。

「ヒト」と「モノ」が両方あって、初めてリフォーム業はサービスを提供できます。

技術力を発揮するのも、材料があって成り立つことですので、建材資材が無ければ仕事をすることが出来なくなります。

そう言った意味で、上手にスケジュールを調整しようと思うと、今から何日後に材料が届いて何日から着工出来るかをしっかりと考える必要があるかもしれません。


やる事自体はコロナ前から変わらないかもしれませんが、材料が入って来ないと言うイレギュラーに備えて準備をする必要があるような気がします。

一番大切なのは、施工を任せていただいたお客様を裏切らないことです。

契約の時からしっかりとコミュニケーションを重ねて、サービス以上に「会社」や「ヒト」を知ってもらうことが、小さなことでも良いリフォームのお手伝いに繋がります。


今はありがたいことに、メールや会話アプリなどでもコミュニケーションが双方向で行えます。

時代や世界情勢の変化にも、様々な知恵や工夫で対処が出来ます。いちずホームはコロナをマイナスだけと捉えずに、次の段階へ繋がるチャンスだと考えてやってきました。

新しいことをするのに怯んでいるだけは、非常に勿体ないことです。

変わらない技術やモノをより磨き、様々な人により会社とヒトを知ってもらう、と言う姿勢が大切であると実感する期間となりました。

ありがたいことに「伝える手段」は、年々益々増えてきています。後は僕たちがそれを使うか使わないかなので、魅力や人間味を色々な方法で発信出来る様に、これからもいちずホームは頑張って参ります!

一言で言うなら、「何とかなる」かもしれません。もちろん沢山のお客様あっての私達ですので、感謝を目に見える素晴らしい形で、リフォーム工事に還元出来るように頑張って参ります。


まだまだ感染症で、日常生活に制約や息苦しさを感じる日々が続きますが、住環境のお困り事は是非いちずホームまでご相談いただければと思います!

コロナ対策をしっかりとして、ご対応の方もさせていただきます。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!