お雑煮は地域で変わる!お雑煮のお汁は醤油?味噌?それとも小豆?

新年あけましておめでとうございます。

新しい年、新たな気持ちで色々なことを始めたくなってしまいますね。

絶賛お正月真っ只中ですが、皆さんは「お雑煮」はもう食べましたか?
お汁の中に色々な具材と焼いたお餅を入れて作るアレです。

このお雑煮…実は地域ごとに様々特色があり、地域によって「それ入れるの?」と思うことがあって面白いです。

今回はそんなお雑煮のお話をしていきたいと思います。

お雑煮とは?

元旦になると「年神様」という神様が各家々に幸せを運んできてくれると言われています。

お雑煮は、大晦日に年神様に捧げた供物(お餅・里芋・大根・人参など)を翌日の元旦に煮合わせて食べるという所から「煮雑ぜ(にまぜ)」→「お雑煮」と呼ばれるようになったそうです。

昨年の農作物の無事に感謝し、新たな年の豊作を願って食べていたというお話もあります。

お雑煮の具材と意味

お餅:長寿
   (丸餅「円満・縁」・角餅「家の繁栄を願う」

里芋:子孫繁栄・人の先頭に立つように
人参:魔除け
大根:円満
青菜・鶏:「菜鶏」→「名取」から名を上げられるように など

お雑煮の具材にも様々な意味が込められています。

お餅の形も地域によって変わりますが、丸餅は「円満」や「縁」を意味する縁起物として好まれていたようです。

角餅は、その量産性の高さから好まれ広く伝わったと言われています。

地域ごとのお雑煮の違い

東日本:すまし汁
西日本:すまし汁、味噌、小豆 など

お雑煮のお汁は、一番多いのが醤油ベースの「すまし汁」で東日本のほとんどがすまし汁でお雑煮を作る家庭が多いです。

すまし汁と言っても、ブリなどの魚介が入ったりとする地域もあります。
魚介が入ると一気に味が変わってお汁が一段も二段も美味しくなりますね。

西日本の方は各地域によって様々で、すまし汁の所もあれば白味噌などをベースに作る「味噌仕立てのお汁」だったり…

鳥取県の方では「おしるこ」のようにお汁に餡子を入れて甘く仕立てたお汁を作ったりもするそうです。
餡子入りのお餅を入れる地域もあるとか。

私はすまし汁のお雑煮しか食べたことがないのですが、おしるこのようなお雑煮や味噌ベースのお雑煮も美味しそうで写真を見ていたら食べたくなってしまいました。

岡山のお雑煮

いちずホームがある岡山県のお雑煮は…
お汁はスルメイカ・ブリなどで出汁をとった「すまし汁」、お餅は「丸餅」でかまぼこ・大根・人参・ほうれん草などを入れた具だくさんで豪華なお雑煮です。

地域によっては味噌ベースのお汁にしたり、ゆり根や焼きアナゴが入ることもあるとか。

ちなみに店長さんのお家では、白味噌のお汁でトッピングに黒豆も入るみたいです。
私は黒豆をのせたことないのですが…黒豆が乗っている様子を想像したら可愛らしくて、味がとても気になってしまいます。

最後に

今回はお正月には欠かせない「お雑煮」のお話をしてみました。
お餅一つとっても形が違い、入れる食材によって込める意味が変わるというのは面白いものですね。

住んでいる場所によって採れる作物が変わるように、各地域でその場所ならではの特色があり各家庭まで目を向ければもっと面白い工夫がたくさんありそうです。

皆さんのお家のお雑煮は、どんな感じでしょうか?

味噌?醤油?それとも小豆でしょうか?
家族の好きなもの・嫌いなものに合わせて入る食材が変わりそうですね。

色々なお雑煮を見ていたら普段は作っていないお雑煮も食べてみたくなってしまいました。
今年は普段は食べていないお雑煮に挑戦してみるというのも楽しそうです。

お正月は美味しいものがたくさんでついつい食べ過ぎてしまいますが…
お腹を労わりつつ、美味しいものを食べ尽くしながらお正月料理を楽しんでみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!