バレンタインデーにチョコを贈るのは日本だけ?バレンタインデーの由来について

2月14日と言えば「バレンタインデー」
チョコ好きの皆さんの中には、この日を心待ちにしている方もいらっしゃるかと思います。

今回は、そんなバレンタインデーの由来などについてお話していきます。

バレンタインデーとは?

2月14日と言えば、バレンタインデー。
子どもから大人まで色々な分野で盛り上がる行事の一つでもありますね。

バレンタインデーというと「恋愛」「恋人」というイメージが強いですが、元々はキリスト教の司祭であったウァレンティヌスの命日で彼が処刑された日です。

当時、禁止されていた兵士たちの結婚をこっそりと行っていたのがこのウァレンティヌスで、その結果 彼は最終的に処刑されてしまうのですが…

後に「聖バレンタイン」という名の聖人として祀られ、彼が亡くなった日を「Saint Valentine’s Day(聖バレンタインの日)」と呼び祈りを捧げる日となったそうです。

チョコを送るのは日本だけ?

バレンタインデーと言えば「チョコレート」というイメージが強いですが、チョコを送る文化は日本ならではのものです。

お菓子の販売促進を狙った戦略で広まった文化で、バレンタインデーが近づいてくるとお店にたくさんのチョコが並び、動画でも漫画・アニメでもバレンタインデー一色に変わって面白いですよね。

日本では女性から男性へという印象ですが、海外では男性から女性へ思いを伝えたり贈り物をすることの方が多く、チョコも贈ることがあるようですが「花束」や「お菓子」「カード」など様々です。

それぞれの国によって贈るものに個性はありますが、家族・友人・恋人に向けての感謝や愛情の気持ちを贈りたいという思いは同じのようですね。

変わっていくバレンタインデー

「義理チョコ」という文化があるようにバレンタインデーと言っても必ずしも「恋人」と過ごす日というわけでもなく、友人や家族と過ごす方も増えています。

チョコ好きな方なら、バレンタインデーに発売される限定チョコを買うのが楽しみという方もいらっしゃるかもしれませんね。

イベントがあると少し非日常感があり、準備をしたりその日になるまでの日にちを指折り数えるのも楽しいものです。

家の中で過ごすことが多い日々なので、まだあまり外でイベントを楽しむのは難しいですが…

自分へのご褒美に、お仕事やお勉強の合間に自分の好きなチョコを一つ食べて休憩してみるだけでもバレンタインデーを楽しめるかもしれませんよ。

お菓子作ってみませんか?

バレンタインデーとは、イベントを言い訳にお菓子を作って遊べる日。

好きなお菓子を好きに作っては、味見をたくさんしたくなってしまう魔の日でもあります。

お菓子作りは正確さが大事なので私もあまり得意ではありませんが、今は動画でも何でもレシピが簡単に見れてしまうので見ながら作ることも多いです。

普段はお菓子を作らないという方も、今年のバレンタインデーは一度挑戦されてみてはいかがでしょうか?

混ぜて型に入れて焼くだけというのも簡単ですが、チョコであれば混ぜて型に流して冷やすだけというのも多いですね。

甘すぎるのが苦手な方は、「甘さ控えめ」と入れて検索すると甘さ控えめレシピがたくさん出てくるのでおすすめです。

ダイソーなどの100円均一のお店に行ってみると可愛らしい型や包装紙もたくさんありますので、お友達や家族にプレゼントするのも楽しくなってしまいますよ。
※シリコンなどの型を買う時は耐熱温度などの表記を確認して購入してください。

「普通の料理も面倒くさいなのにお菓子なんて…」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外とストレス発散になります。

お菓子を作っている間は色々な事全部忘れて、夢中でお菓子を作って味見で食べて完成して食べて…

自分好みの甘さのお菓子を量産できるので、もう夢のようです。

いつもはお菓子を作らないという方も、ぜひ簡単なものから始めてみてください。
きっと自分への最高のご褒美になりますよ。

<参考>
製菓系小物(ダイソー)

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!