ひな人形は何のため?子供の健やかな成長を願うひなまつりとひな人形の意味

寒い2月が終わって徐々に暖かくなり始める頃…
桃の花が咲く「ひなまつり」の時期になります。

ひなまつりというと女の子の行事です。
お家や保育園などでお祝いする方も多いかもしれませんね。

今回は、そんな「ひなまつり」の由来や意味についてお話していきます。

ひなまつりとは?

ひなまつりは「女の子を健やかな成長」を願って、毎年3月3日に行われる行事です。

この時期に咲く花になぞらえて「桃の節句」とも呼ばれていますが、桃には ”魔除け” の効果があるというお話も由来となっています。

ひなまつりには、ひな人形や桃の花を飾ってちらし寿司などの料理を楽しんだりなど…
とても華やかでにぎやかな行事ですね。

ひな人形を飾る意味

ひなまつりと言えば「ひな人形」のイメージが強いです。
何段も組み上げて作る豪華なものから、こじんまりとした可愛らしいものまで色々ありますね。

ひな人形は子どもに降りかかる「厄災の身代わり」の意味を込めて飾られます。
飾ることで ”病気・怪我から子どもを守ってくれますように” という願いを込めて飾っているんですよ。

流し雛

ひなまつりに行う行事の中に「流し雛(ながしびな)」というものがあり、ひなまつりの元となった行事とも言われています。

現在でも鳥取県の用瀬町で行われている行事で、ワラ製の船に「紙粘土で作った人形」と「願い事を書いた紙」を一緒にを乗せて川に流すのだそうです。

この行事は「もちがせの雛送り」と呼ばれ、ひな人形を飾るのと同じように子どもの健やかな成長への願いを込めたり様々な願いを込めて川に流しています。

<参考>
もちがせの雛送り(流しびなの館公式HP)

ひな人形を飾る時期

【ひな人形 飾り期間】
立春(2月上旬)~啓蟄(3月上旬)まで
※2月中旬だと縁起が良いとされる。

ひな人形を飾る時には、2月中旬くらいまでに飾ってしまうのがおすすめです。

立春(2月上旬)~啓蟄(3月上旬)までに飾ると ”良縁に恵まれる” といわれており、縁起が良いと考えられています。
ひなまつりの前日の3月2日に飾るのは「一夜飾り」と呼ばれて縁起が悪いと言われていますよ。

ひな人形は色々な願いを込めますが「悪いものを肩代わりしてくれる人形」なので、ひなまつりが終わったらなるべく早めに片付けるようにしましょう。

ひなあられの色と意味

桃+白+緑:自然のエネルギーを貰って健やかに育つように
桃+白+緑+黄:一年を通して健やかに育つように

ひなまつりには、「ひなあられ」というカラフルで可愛らしいお菓子を食べます。
桃・白・緑の3色の色合いが美しい「ひし餅」と同じ3色のものもあれば、黄色を足して4色のタイプのものもあります。

ひし餅を外でも食べやすい形にしたものが「ひなあられ」だというお話もあり、ひし餅とひなあられは昔からこの時期の風物詩ですね。

4色のひなあられは、”四季” をイメージしており「一年を通して健やかに育つように」という願いが込められています。
3色のひなあられは ”血・命” などのイメージから「自然のエネルギーを貰って健やかに育つように」という願いが込められているんですよ。

現在では、ひなまつりだからこれを食べるというのも減ってきて、様々な商品を見ることも増えてきました。
美味しいものも多く、時代に合わせて変化していく様子はとても面白いです。

 

昔ながらのものの意味を理解してから見てみると、何気ない配色にも意味や願いが込められているのだと改めて知ることが出来ますね。
皆さんは、今年のひな祭りはどんなもの飾って何を食べますか?

願いは子供の成長が主の行事ですが、自分や親しい人の健康を願ってひなまつりを楽しむのも素敵かもしれませんね。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!