卒業の思い出を振り返ってみませんか?出会いと分かれの季節と卒業式

年が明け、ひと月過ぎて…
そろそろ「別れ」と「出会い」の季節になりますね。

学生の方でも、社会人の方でも節目の季節が近づいてきます。
寒さも相まってなんだか寂しく感じる季節でもありますね。

今回は「卒業」についてお話していきたいと思います。

卒業式

卒業式は、小・中・高と生きている中で何度も経験する式典ですね。
「卒業式」という名前の通り式典なので、その雰囲気も厳粛で緊張することも多かった思い出があります。

皆さんは卒業式にどんな思い出がありますか?
今、少しだけ休憩に一緒に思い起こしながら振り返ってみませんか。

式典準備の思い出

小学校は6年もありますから、思い入れも多そうです。
覚えている方は、保育園でも卒園式というのを経験されているかもですね。

少しだけ正装をして挑む小学校の卒業式は初々しく、眺めていると微笑ましくなってしまいます。

卒業式は立派な式典なので、前準備がとても大変です。
体育館を綺麗に清掃し、紅白の弾幕を飾って椅子を並べて…卒業生も在校生も当日の動きをこれでもかというくらい練習します。

全員の動きが綺麗に揃うまで練習したことは、今思うととても懐かしいです。

個人的に一番苦手だったのが大きな声を出すことで、卒業式に大声でいうセリフも返事の練習も本当に苦手でした。
恥ずかしかったのもありましたね。

中学校・高校の卒業式は、制服で挑んだ方が多いのではないでしょうか?
いつもは少し崩してしまう制服も、この日ばかりはきっちり整えて挑みます。
ネクタイやリボンも式の時はきっちり付けたりしますね。

大学や専門学校になるとスーツや袴で卒業式でしょうか?

普段とは違う格好をしてきっちりと準備をすると、自然と気持ちも引き締まり同時に少し嬉しくなります。
私はスーツも制服も大好きでした。皆さんはどうでしたか?

海外の卒業式

海外の卒業式では、「帽子を投げる」という光景も見ることが出来ます。
イギリスの卒業式は7月に行われるらしく、式で着用する帽子とガウンは会場で貸りることができます。

式が終わった後に、みんなで集まって帽子を空へ投げる光景はとても楽しそうですね。
日本の卒業式はきっちりで寂しい感じも多いですが、海外の卒業式はお祭りみたいににぎやかで私が知っている物とは全然違いますが素敵です。

卒業アルバム

卒業式と言えば、卒業証書も貰いますが「卒業アルバム」が楽しみだった方も多いかもしれません。

最高学年になった1年間は、他の学年の時よりも写真を多めに撮られていた気がします。
先生も生徒もカメラマンになったりもして、映りたがりの方はカメラの前に滑り込んだりもしたのではないでしょうか。

そんな卒業アルバム。
卒業してしまうと本棚にしまいっぱなしで、ほとんど開くことはありません。
でも、たまに開いてみると昔のことを鮮明に思い出せるのですから、写真は凄いですね。

昔はフィルムカメラで現像するまでどんな写真が撮れたかわからないものでしたが、今は撮ってすぐに確認も印刷も出来てしまいます。
普段から撮り貯めていれば、オリジナルの卒業アルバムも簡単に作れてしまいますね。
そんな風に、お友達一緒に思い出を形にするのも楽しいかもしれません。

 

大人になると「卒業式」というきっちりした形の式に出ることはありませんが、何かから「卒業」して気持ちを新たに新しいことに挑戦される方も多いかと思います。

何かが終わって始まる季節。
寂しい気持ちになりがちですが新しい縁を結べる機会も多い季節です。

ぜひ、どんどん新しいことに挑戦して今ある縁も新しい縁に出会うことも楽しんでみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!