春を告げる梅の花!観賞用の花梅と食用の実梅

2月も中旬になり、寒さがありつつも春が見え隠れする日々となってきました。
寒い冬はこたつに籠りたくなりますが、春になると少し外に出かけるのも楽しくなりますね。
お花見に行きたいなと思う方も多いかと思います。

今回は「梅」の話。
梅と聞くと食べ物というイメージもありますが、梅の花は美しく春を告げる風物詩なんですよ。

梅の起源は?

梅は日本の花ように感じてしまいますが…
元々は中国原産のもので、朝鮮半島から日本に伝わったと言われています。

花は桜に少し似た見た目をしていて、春の風物詩というようなイメージがありますね。
お正月に描かれる花や和柄に使われたりもしているので、目にしたことがある方も多い花かと思います。

梅の花と桜の花は似ていますが、よく見ると木の形や質感が結構違います。
桜の木は比較的すっと綺麗に立っていますが、梅の木の方がごつごつざらざらとした年季の入った独特の質感がありますね。

どちらの木も四季を感じられるとても趣のある木です。

観賞用と食用の梅

梅の木は大きく分けると「花梅(はなうめ)」「実梅(みうめ)」という2種類があります。
簡単に言うと花梅は観賞用、実梅が食用です。

梅は花が咲いて枯れてから梅の実をつけて成長していきます。
実梅も花梅もどちらも実を付けるのですが、花梅の方の実はあまり美味しくなかったりする為に食用としてはあまり適していません。

ですが、豪華で華やかな美しい花を咲かせてくれるので観賞用として楽しむことが出来ます。

実梅の方は、香りも良く食用に適した美味しい実をつけてくれるのが特徴です。
花も可愛らしいですが、本命は何といっても実の方…
梅を使った食品はとても多く、梅酒・梅干し・梅ジャムなど色々な料理に使用されます。

梅の花はいつ咲く?

   品種(紅色)     品種(白色)    品種(その他)
花梅 紅冬至:1月~2月
鹿児島紅:2月~3月
楊貴妃:2月下旬
紅千鳥:3月上旬
八重寒紅:12月中旬~1月中旬
緑萼:2月下旬
白滝枝垂 :2月中旬~3月中旬
冬至:12月中旬~2月中旬
思いの儘(紅白):1月~2月
実梅 豊後:1月~2月 甲州最小:1月~3月
南高:2月上旬
玉英:3月下旬~4月上旬
白加賀(淡黄緑):2月下旬

梅の花の開花時期は様々ですが、多くは1月~3月頃に咲くことが多いです。
早いものだと12月に咲く品種もあり、寒い中でも美しく咲いてくれます。

「梅は百花の魁(うめはひゃっかのさきがけ)」ということわざでも使われているように、梅の花はどの花よりも先に咲き ”春を告げる” と言われています。
梅と聞くと実を想像してしまうことも多いですが、昔から春を告げる花として親しまれている花なんですよ。

梅の花には、紅白や淡黄緑などの色の花があります。
鮮やかな紅色の梅の花は目が覚めるほど美しく、白い花は清潔感のある透き通るような美しさです。
薄紅色だと少し赤みがかった淡い色合いで、淡黄緑だと少し黄色がかった見た目になります。

梅の品種は膨大で、実はかなりの数があるんですよ。

最後に

梅の花言葉は「高潔・忍耐・忠実」、白い梅の花だと「気品」という意味もあります。
英語だと「Keep your promise(約束を守る)」という意味もあるそうですよ。

昔から家紋などにも使われていて、シルエットで見るだけでもとても綺麗で素敵です。
着物や髪飾りに使われているものも可愛らしいですよね。

今年も外に出る機会はなかなか少なくなりましたが、皆さんは梅の花をもう見られましたでしょうか?

春になるとよく梅の木に小鳥がやってきて、花をつついていったりします。
花をくわえて首をかしげる小鳥は大変可愛らしいですが、ちょっといたずらっ子で困ってしまいますね。

まだ少し肌寒い2月。
通りがかりに梅の香りがしたら、少し振り返って春を感じながらお花見するのも楽しいかもしれません。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!