外壁塗装に最適な季節は?気温や湿度の影響はあっても施工は一年中可能です

外壁塗装

外壁塗装の施工は年間を通して可能です。しかし、塗装作業は天候や気温、湿度の影響を受けるため、作業をスムーズに進められない時期もあります。本記事では外壁塗装と季節の関係について解説しています。外壁塗装をお考えの方は、ぜひ読んでみてください。

外壁塗装は季節を問わず可能

冒頭でご紹介したとおり、外壁塗装の施工は季節を問わず可能です。ただし、塗装作業には天候や気温、湿度以外にもさまざまな要素が関係してくるので、外壁の状態や家族のスケジュールを優先して施工時期を絞り込むといいでしょう。

外壁塗装に向くとされる季節は春と秋

あくまで一般論ですが、外壁塗装に向くとされている季節は春と秋です。春と秋は気温や湿度が比較的安定します。極端に冷え込む冬や、太陽がギラギラと照りつける夏よりは確実に施工しやすい季節です。 しかし、春と秋の天候は変わりやすく、秋口には台風が訪れるので、工期を直撃してしまう可能性もあります。

外壁塗装工事に影響を及ぼす季節的要素

それでは、外壁塗装の施工に影響を及ぼす季節的な要素について考えてみましょう。

春の外壁塗装

天候が安定する5月頃は外壁塗装に最高のシーズンです。この時期は湿度が安定するため塗料が乾きやすく、工事は順調に進みます。 外壁塗装の施工中は窓を閉め切らなければなりませんが、この季節なら気温も高すぎず低すぎず、屋内にいても快適に過ごせます。 しかし、春先は天候が安定せず、長雨になることもあります。雨が降ると施工はひと休み。そのため、工期は延びてしまいがちです。強風や黄砂による塗料への砂ぼこりの付着も春の懸念材料です。 春は全般的に見ると、やはり外壁塗装の施工に適した季節です。その代わり、塗装業者には工事の依頼が殺到します。施工に適した季節には、希望の日程では予約がとりにくいという難しさもあるのです。

梅雨の外壁塗装

雨が続く梅雨は、外壁塗装には向かない時期です。作業できない日が多く、できたとしても塗料が乾きにくいため、工期はどうしても長引いてしまいます。しかし、適切な湿度の範囲で作業をすれば、春や秋と同じく、塗装を美しく仕上げることが可能です。

夏の外壁塗装

夏は気温が上がるため塗料がよく延びます。この点は職人さんにとって歓迎すべきことなのですが、厳しい暑さが職人さんの敵。そのため、真夏は気温の高い時間帯を避けて作業することが多く、工期に影響することもあります 家に暮らす人にとっての大きな問題はエアコンを使えないことです。すべての工程にわたりエアコンを使えないわけではありませんが、室外機を養生している間は使えません。 夕立や長いお盆休みも工事に影響を及ぼす要素です。

秋の外壁塗装

9月のはじめ頃はまだ夏の影響が残りますが、気温や湿度が落ち着いてくると外壁塗装に最適な季節になります。10月頃までは秋の長雨や台風の影響で工期が延びることがありますが、それ以降は比較的天候が安定するため、作業も順調に進みます。春同様、職人さんが忙しくなるので、この時期に塗装工事を希望する場合は、早めに予約しましょう。

冬の外壁塗装

冬は日が短いため作業時間が限られます。気温が5℃を下回ると塗装自体が不可能になるため、冬はどうしても工期が長引きがちです。しかし、5℃以上の気温の環境なら塗装は問題なくできます。雪が降らない地域なら空気が乾燥しているので、塗料が乾きやすいというメリットもあります。

まとめ

外壁塗装の施工は年間を通して可能です。外壁塗装に向くといわれる春と秋にも不安な要素はあります。しかし、季節ばかり気にしていても仕方ありません。外壁塗装で本当に大切なのは、季節選びではなく業者選びです。腕の立つ業者なら、どの季節でも外壁を美しく仕上げてくれます。外壁塗装をお考えの方は「いちずホーム」までご相談ください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!