寒い冬のお風呂を快適に!毎日したいお風呂掃除

まだまだ寒い日が続き、「明日は雪」なんて天気予報を見る機会も増えてきました。
寒い日には温かい食べ物や飲み物が幸せですが、お風呂も最高ですね。
冷えたからだが暖まっていく瞬間は本当に至福です。

今回は、お風呂を快適に楽しむために「お風呂のお掃除」についてお話していきます。

お風呂の汚れ

・水垢
・カビ&ピンクぬめり
・皮脂汚れ
・石鹸の流しの残し など

お風呂は毎日入るものですが、何が原因で汚れるのでしょうか?

お風呂では一日の汚れを綺麗に洗い流します。
目に見える汚れだけではなく、石鹸やシャンプーなどを使用して皮脂汚れなどを落としたりもしますね。

お風呂場を毎日洗う方も多いかと思いますが、なかなか細かい部分まで洗いきれないので皮脂汚れや石鹸の成分がお風呂場に残ってしまう場合があります。

皮脂汚れや石鹸の流し残しは「カビ」の原因になります。
カビは、水分と栄養のある場所を好むのでお風呂場はカビにとって最高の環境なんですよ。

どこを掃除する?

①天井・床・壁
②浴槽
③鏡、蛇口
④風呂桶・椅子 等の小物類
⑤排水溝
⑥換気扇 など

お風呂場にはお掃除する場所が結構あります。

その中でも毎日使用する事が多い「床・壁・浴槽」などは使用前と使用後に軽く洗ったり、使用後に綺麗に石鹸を洗い流したりするのがおすすめです。

毎日のお掃除には、スポンジと市販されているお風呂用の中性洗剤を使用しましょう。
汚れがヒドイ場合には重曹やクエン酸も効果的ですが毎日はできないので、中性洗剤を使ってささっとお掃除していきます。
細かい場所のお掃除には、使わなくなった歯ブラシを使うと便利ですよ。

浴槽は入浴後にお湯を抜いたら、綺麗にお湯で流しておくとお掃除の手間が少なくなります。
軽く中性洗剤とスポンジでお掃除したり、汚れがひどい場合には残り湯に重曹を入れて漬けおきしてから軽くこすって流すと綺麗になります。

※重曹を使用した方法は、浴槽の材質や肌が敏感な方には合わない場合もありますので気を付けください。

お風呂場を綺麗に保つためには?

・石鹸などを綺麗に洗い流す
・換気して乾燥させる

お風呂をなるべく綺麗に保つためには、入浴後の対策がとても大切です。

カビは水分と栄養が好きなので、入浴後には石鹸などが壁や床に残ったままにならない様に綺麗に洗い流しておきましょう。
熱めのシャワーで綺麗に洗い流したら、温度を下げて冷たいシャワーでお風呂場全体の温度を下げます。

綺麗に流せたら、水切りワイパー(スクィージー)やマイクロファイバークロスなどを使って水気を拭き取っておきましょう。
最後に換気扇などを回して完全にお風呂場を乾かしておけば、カビが発生しにくくなります。

お掃除の頻度は?

お風呂場のお掃除は、入浴前と入浴後にするのがおすすめです。
入浴前にスポンジや洗剤を使用して簡単にお掃除して、入浴後には石鹸などを綺麗に洗い流して乾燥させるように心がけてみてください。

大掃除を毎日やろうと思うと面倒になってしまうことが多いです。
なので、出来る範囲で簡単なお掃除と対策だけやるようにすると長続きします。

特に換気は気を付けておくとカビの発生がかなり変わってきますよ。

最後に

お風呂場はカビが発生しやすい場所ですが、疲れているとなかなかお掃除する気が起きない場所でもあります。
ですが、カビを吸い込むことはあまり良くありません。

毎日のお風呂のついでに少しだけお風呂を綺麗にして、湿気を貯めこまない様にしっかり乾燥させてカビが発生しづらい環境を作ってしまいましょう。
それでもカビが発生してしまった場合には、面倒になる前に中性洗剤などでこすって落としたり最終手段としてカビ取り剤を使用して早めにお掃除してみてください。

お風呂は体が綺麗になることもあり、とても落ち着く癒しの時間です。
ぜひ、綺麗なお風呂場で素敵な時間を過ごしてみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!