外壁塗装の際は事前にご近所さんに挨拶を・ちょっとした手土産も用意

外壁塗装 挨拶

外壁塗装の際は、事前にご近所さんに挨拶をしておきます。ちょっとした手土産とともに工事を行うことを伝えておくとベストです。

外壁塗装工事の前に必ず挨拶

外壁塗装工事では、足場を組み立てる際の騒音や塗料臭などにより、近隣に少なからず迷惑をかけることになります。塗装を施す家にはこれからも長く住み続けるわけですから、近隣住民とも良い関係を保たなければなりません。そのため、外壁塗装工事が始まる前に必ず、ご近所さんに挨拶しておきましょう。
とはいえ、実際は塗装業者が挨拶に回ってくれることが多いのでそこまで気にすることはないのですが、やはり、「しばらくご迷惑をおかけします」程度でもよいので、家主も挨拶をしておくとベストです。

外壁塗装の前に挨拶しておくべきご近所さん

外壁塗装の前に挨拶しておくべきご近所さんは、両隣とお向かいの3軒、そして裏の3軒です。隣接するご近所さん以外にも、車の通行や出し入れがしにくくなってしまうなどの理由で迷惑をかけてしまいそうな家がある場合は、その家にも挨拶に出向きます。

外壁塗装工事前の挨拶は1週間前~数日前に

ご近所さんへの挨拶は、外壁塗装工事の1週間前から、遅くとも3日前までには行います。なるべく対面で挨拶しておきたいので、週末や祝日のお昼頃から夕方までの間に出向くといいでしょう。

挨拶の際に伝えること

ご近所さんに挨拶する際は、工事内容や工事の日程を伝えます。
特に「足場の設営と解体」「高圧洗浄」の際は騒音を伴うので、「○月□日△時ごろから~の作業をするのでご迷惑をおかけします」などと具体的な作業日時を伝えます。
足場の設営の際はトラックが出入りすることになるので、車の出し入れや通行に支障が出る可能性があります。影響を受ける可能性がある家には、「車を出すようでしたら遠慮なくおっしゃってください」などと伝えておきましょう。
塗料の飛散への配慮も欠かせません。このあたりの判断は業者の仕事になりますが、作業エリア周辺にご近所の車やオートバイ、自転車などがある場合は養生する必要があるため、ご近所さんに許可を得ておく必要があります。

ちょっとした手土産も用意

ご近所さんに挨拶する際は、数百円程度のものでよいので手土産も用意しておきます。手ぬぐいやタオル、洗剤などで十分です。

外壁塗装を挨拶なしで始めてはいけない理由

外壁塗装工事は、先ほども触れたとおり、騒音やニオイがつきものの工事です。最近はテレワーク化が進み自宅で仕事をする人たちが増えていますから、ご近所にこのような人がいるかもしれません。もちろん、業者は細心の注意を払って作業を行いますが、やはり限界はあります。閑静な住宅地なら、工事の車両が出入りするだけでもちょっとした騒音になりますし、そこに塗料臭が加われば不愉快に感じる人が出てきても不思議ではありません。ただでさえストレスを抱えている人が多い世の中ですから、ご近所さんと末永く良好な関係を築くために、挨拶なしに外壁塗装工事を始めてはいけません。

塗装業者とご近所さんの情報を共有

外壁塗装業者とご近所さんの情報を共有しておくと、工事を平穏無事に進められます。
たとえば、
「ここの家には赤ちゃんがいる」
「ここの家のお父さんはテレワークで昼間も家にいる」
「裏のおじいちゃんは神経質だから挨拶しておいてほしい」
などと伝えておくと、業者もその情報を念頭に、慎重に作業できます。

まとめ

外壁塗装の際は、必ずご近所さんに挨拶しておきましょう。通常、業者も挨拶回りをしますが、家主の口からも工事についての説明があれば、ご近所さんも安心できるというものです。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!