如月の意味や由来!2月を行事で振り返ってみましょう

あっという間に2月が過ぎ去り、もうすぐ3月ですね。
2月というと「如月」と呼ばれることがあります。
カレンダーなどにさりげなく書かれているけど、改めて考えてみると「何だろう…」と思ってしまいますよね。

今回はそんな「如月」のお話をしていきます。

日本の暦

私たちは日々「月」を数えて生活しています。
1月・2月など日々の時間を表す単位として「月」という言葉を使います。
これは日時を考える時に「月の満ち欠け」を基準にしていた所から来ているそうです。

日本で現在使われている暦は「太陽暦(太陽の動き)」というものですが、昔は「太陰太陽暦 (月の満ち欠け+1年の太陽の動き)」というものを使っていました。
現在の日本では太陰太陽暦を「旧暦」と呼び、旧暦の頃に使用していた日本ならではの月の呼び名「和風月名(わふうげつめい)」は現在も親しまれています。

如月とは?

和風月名(旧暦)でいうと、2月は「如月(きさらぎ)」と呼ばれます。
この単語は聞いたことがある方も多いかもしれません。

この言葉をSNSなどのハンドネームやキャラの名前に付ける方もいますね。

如月の「如」という感じは「~ごとし」などのように使われることもある言葉で、”何かがおよぶ” “おもむく” ことや 「不如」という形だと ”およばないこと” という意味になります。
「如し」と聞くと、武士の言葉というイメージも湧いてしまいますね。

如月の由来・意味

衣更着-きさらぎ:重ね着する様子から
気更来-きさらぎ:暖かい陽気がこれからやって来る様子から

如月の呼び名の由来は諸説ありますが、一番イメージが湧きやすいのが「衣更着」です。

2月というのは一年で一番寒い時期ともいわれ、雪などが振ることも多い季節です。
寒い時期になると、服装も変わり重ね着する機会も増えますよね。

そんな様子からの語呂合わせで「衣更着-衣(きぬ)を更に着る」となり「きさらぎ」と呼ばれるようになったことが由来という説です。
私はこれが一番イメージが付きやすいなぁと感じます。

現代でも語呂合わせのような言葉が多いですが、色々な言葉と意味を付けやすいのが日本語の難しい所でもあり楽しい部分でもありますね。

その他の呼び名

梅見月(うめみづき)
木の芽月(このめつき)
小草生月(をぐさおひつき)
雪消月(ゆききえつき) など

2月には如月の他にも色々な異名があります。
可愛らしい所で言うと梅見月(うめみづき)などでしょうか?
春に咲く梅もありますから、梅という言葉があるのは季節を感じますね。

温度にもよりますが山菜などを採れる時期になってきますので、木の芽月(このめつき)や小草生月(をぐさおひつき)などの自然を表す言葉もイメージが湧きます。

2月にあった行事

2月3日 節分
2月4日 立春
2月6日 海苔の日
2月8日 針供養(関東が主)
2月11日 建国記念日
2月14日 バレンタインデー
2月19日 雨水
2月22日 猫の日/忍者の日
2月29日 閏日(4年に1度)  など

2月には色々な行事がありました。
皆さんは何か楽しめたものがあったでしょうか?

2月始め節分。恵方巻は食べましたか?
私はもちろん食べました。
イベントにかまけて美味しいものが食べられるイベントは見逃せませんね。

2月6日は「海苔の日」2月8日は「針供養」と呼ばれているそうです。
海苔の日をもう少し早く知っていれば海苔三昧が楽しめましたね…来年は海苔三昧したいところです。

針供養というのは、古針を供養し針仕事をお休みする日なのだそうです。
昔は針仕事をする方も多かったですから、その頃からの行事かもしれませんね。

2月22日は「猫の日」でしたね。
ねこグッズやイラストなどが並ぶと可愛らしいです。
猫がご家族にいる方は、いつも以上に愛でたくなってしまう日かもしれません。

最後に

今日で2月もおしまいですね。
皆さんにとって素敵なひと月になったでしょうか?

明日から3月。
3月というと春も目前ですから、楽しいことがまた増えてしまいますね。
来月もぜひ素敵なひと月をお過ごしください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!