食品ロスを減らす!岡山の冷凍お惣菜自販機

世の中には美味しいものがたくさんあります。
でも、その反面で大量に生産されて捨てられてしまう食品というものも存在します。

今回はそんな「食品ロス」についてお話していきます。

食品ロスとは?

私たちは日々何かを食べながら生活をしています。
食べることは健康な体を作り、時には人生の楽しみの一つにもなる大切な要素です。

皆さんは「食品ロス」という言葉を知っていますか?

食品ロスとは ”食べられるけど廃棄される食品” のことを言います。
現在の環境は恵まれており、コンビニやスーパーで簡単に食べ物を買うことが出来ます。
食べ物が手に入らないことがほとんどないほど、この国ではたくさんの食べ物が加工されて出回っています。

これが幸運なことだと思う反面、十全に食品が出回るために廃棄されている食品があるという部分を想像すると複雑な気持ちになります。

どのくらい捨てられている?

年間 全体:570万トン
年間 一人当たり:45kg

農林水産省によると日本での食品ロスは「年間570万トン」に及ぶと言われており、一人あたりに換算するとおよそ45kgなのだそうです。
毎日お茶碗一杯分(約124g)くらいのご飯を捨てているのと同じ量の食品が捨てられています。

さらに驚くのが、全体の食品ロスのうち家庭で出している食品ロスと飲食店や食品工場などで出ている食品ロス量が48万トン程度しか変わらないことです。
工場の方が圧倒的に多いと思ってましたが、全国の家庭を見た時に食品ロスの量はそこまで大差ないものでした。

<参考>
農林水産省-食品ロス

食品ロスを減らすには

・使いきれる量を購入
・保管方法に注意し、早めに食べきる
・食べきれそうなら消費期限が近いものでも購入してみる
(※商品棚の奥ではなく手前から取ってみる)

食料ロスを減らすためには「使い切れる」「食べきれる」という適正な量を知って購入・管理などをすることが大切です。

とは 言っても…
この管理がとても難しく、食品工場や販売店ともなると予測を立てるのも難しい部分になりますね。

家庭で食品ロスを減らそうと思ったら、「使いきれる量」というのをまずは知るところから始めるといいかもしれません。
自炊をする頻度や量、その日その週のスケジュールや自分の体調を考えて調整出来るようにメモしておきましょう。

生鮮食品などは足が早く腐りやすいです。
買ってきたらすぐに下処理をして冷凍をしたり、一週間程度で使いきれる量だけ購入すると扱いやすいですよ。

野菜は、種類や保存方法によって長持ちさせることが出来るものも多いです。
困ったら冷凍しておくのも楽ですが、冷凍庫がいっぱいになってしまうので適切な場所に保存して早めに加工したり食べてしまうといいかもしれません。

お休みの日に常備菜を作ったり、保存食のような形で長持ちする加工してしまうのも手です。

岡山の冷凍お惣菜自販機

いちずホームのある岡山に「三好野本店」というお弁当屋さんがあるのを知っていますか?
明治24年に創業され、今でも幅広い層に愛されるお弁当屋さんです。
桃型の可愛らしい容器に入った「桃太郎の祭ずし」など岡山を感じる商品もあります。

この三好野本店のミヨシノ桑野工場前に「冷凍自販機」というお弁当には使用できなくなってしまった訳アリのお惣菜を販売しています。
価格は300円で「えびめし」「サーロインステーキの切れ端」などを購入することが出来ます。

人の多い場所に出向くことが難しい時期になっていますので、自販機形式というのはとても助かります。
一人暮らしでも家族でも楽しいですが、時期でも内容が変わることもあるようなので「今日は何があるかな」と確認するのも楽しみになってしまいそうですね。

食品系の企業で、このような形で訳アリ品を売られる様子をたまに見かけます。
詰め合わせで安いものも多いので福袋のような気分で楽しいのももちろんですが、家計の助けにもなって嬉しいですね。

<参考>
冷凍自販機-(株)三好野本店HP

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!