チョーキングが見つかったら外壁塗装でリフォームしましょう

外壁塗装 チョーキング

チョーキングは、塗膜が劣化し、外壁が粉を吹いたような状態になってしまう現象です。チョーキングは、クラックなどの、より深刻な問題につながる可能性がある劣化症状なので、見つけたら早めに、塗装によりメンテナンスする必要があります。

チョーキングは白亜化とも言われる塗膜の劣化

チョーキングは、塗料に含まれている顔料が紫外線の影響などで劣化し、粉のような状態になって外壁面に現れてくる現象です。白亜化とも言われ、塗料の寿命が近くなると、このチョーキングが発生しやすくなります。
チョーキングが見つかったからといって、すぐに重大な問題につながるわけではありません。しかし、塗装が本来持っている外壁を守る能力は失われているため、早急に適切な措置をとる必要があります。
チョーキングが起きている外壁をそのままにしておくと、ヒビ割れなど、建物の寿命に関わる問題に発展しかねないため、外壁塗装業者に相談しましょう。特に幅が0.3mmを超えるようなヒビ割れが発生している場合は、雨水が内部に浸入してしまう可能性があります。チョーキングは塗り替えのシグナルだと考えましょう。

チョーキングは施工不良で発生することもある

外壁を塗り替えてから数年程度とそれほど時間が経っていないのにチョーキングが発生している場合は、施工不良の可能性があります。塗装の際に、塗料の調合が誤っていたり、そもそも塗る量が少なかったりなどの原因で十分な塗膜にならず、早期に劣化が始まってしまう場合があります。このような場合は、施工した業者の保証を利用して修復したほうがいいでしょう。

チョーキングかどうか確かめるには

外壁に手で触れてみて、粉状の白っぽい物質が手に付着してくるようなら、かなりの確率でチョーキングが発生しています。チョーキングは主に紫外線の影響で起こるため、日当たりのよい面の外壁に水をかけてみて周囲と色が変わるようなら、やはりチョーキングが発生していると考えていいでしょう。この変色は塗膜の防水性能が著しく低下していることにより起こります。

チョーキングをDIYで修復することは不可能

チョーキングをDIYで修復することは不可能です。もしもチョーキングが発生している箇所が日当たりのよい面のほんの一部だとしても、外壁塗装全体の耐用年数が終わりに近づいていることは間違いありません。一部だからと外壁をDIYで洗浄して塗装をしても、その部分だけ目立ってしまいますし、これでは外壁を保護し、家に住む人たちを守るという塗装本来の役割を果たせません。
チョーキングが発生したら、外壁塗装全体に寿命が来たと考えて、DIYでの補修ではなく、外壁全体を塗り替えましょう。

チョーキングを防ぐには

チョーキングは紫外線による劣化現象であり、塗料に耐用年数がある以上、寿命が近づけばどうしてもチョーキングは発生してしまいます。
寿命が長いフッ素系塗料を使えば、シリコン系などの塗料よりはチョーキングの発生を長期間、抑えることが可能です。また、塗料を使わずにタイルやレンガなどの外壁材を使えばチョーキングは発生しません。
しかし、チョーキングの発生を抑えることよりも、時期が来たら塗装により適切にメンテナンスすることのほうが重要なことは間違いありません。

チョーキング?まずは塗装業者に相談

チョーキングが発生している疑いがある場合は、まずは塗装業者に外壁の状態をチェックしてもらいましょう。塗装業者が外壁の状態を診断して、塗装工事の時期を判断してくれます。もちろん、相談する際は信頼のおける業者を選ばなければなりません。岡山県周辺で外壁リフォームをお考えの方は、「いちずホーム」にご相談ください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!