外壁が緑色に!コケ汚れを取り除く方法を予防方法とともに紹介します

外壁 コケ

緑色に塗装したわけでもないのに外壁の一部が緑色になっていたら、それはコケの仕業。外壁に備わっていた排水能力が落ちてきている証拠です。このまま放置すると塗装の浮きやヒビ割れなどにつながってしまいます。では、外壁にコケが生えてきたらどうしたらよいのでしょうか?この記事ではコケ汚れを取り除く方法や、コケを予防する方法を紹介しています。外壁のコケに悩まされている方は、ぜひ読んでみてください。

外壁にコケが生えやすい環境

園芸用や観賞用として人気があるコケですが、外壁に発生してしまうと厄介です。コケは胞子により増える植物なので、胞子が飛来しやすい環境にある外壁によく発生します。コケは湿気の多い場所に生えることは皆様がご存じのとおりです。しかし、植物なので湿気と同時に日光も必要としています。そういう意味では塗膜が劣化しかけた外壁は、コケにとってよい環境といえるかもしれません。 以下のような条件がそろうとコケは発生しやすくなります。

森林が近くにある

樹木が家の近くにあるとコケの元となる胞子が飛来しやすいため、外壁にコケが発生します。

川が近くにある

川の流域はどうしても湿気が多くなりがちなので、川に近い家の外壁はコケに好まれます。

日当たりと風通しがよくない場所

成長のために日光を必要とするコケ。しかし、日当たりのよくない場所でも湿気がある場所には発生します。日当たりのよくない外壁はコケが好む水分が残りやすいため、コケが生えやすくなります。風通しの悪さもコケを成長させる要因のひとつです。生け垣などにして通気を確保すると、コケの生えにくい環境を作れます。

コケが生えやすい外壁材もある

コケの発生には、ご紹介したように環境的な要素が大きく影響しています。しかし、同じ環境にあったとしてもコケが生えやすい外壁材と生えにくい外壁材があります。

モルタルの外壁はコケが生えやすい

セメントや石灰、砂などを練って作り上げるモルタルは、表面に起伏があるため水分が残りやすく、コケが生えやすい外壁材です。モルタルと似た、表面に起伏が多い外壁材は、総じてコケに好まれます。とはいえ、塗装がしっかり機能していれば、このような外壁材でもコケが発生することはありません。

外壁のコケをDIYで掃除する方法

外壁に生えたコケを根本的に取り除くなら、外壁リフォームしか方法はありません。しかし、外壁リフォームを検討している間、外壁の見栄えをよくするためにDIYでコケを取り除くことは可能です。ただし、高所など危険な場所では絶対にやらないでください。コケを取り除く手順は以下のとおりです。

1. マスクやビニール手袋、ゴーグルなどを装着

2. 市販の外壁洗浄剤をコケの生えたエリアに噴霧

3. 水で流して終了

製品によりやり方は異なるので、詳しくは説明に従ってください。

スプレータイプの製品が便利ですが、そうではない製品の場合は噴霧器があると便利です。

外壁のコケを予防するには

コケの発生を防ぐ方法は外壁リフォームしかありません。 もちろん、ベーシックなシリコン系塗料で塗装してもコケの発生は防げます。しかし、本格的にコケの発生を防ぐのであれば、耐久性の高い塗料を選んだほうがいいでしょう。

まとめ

コケで緑に汚れた外壁は、業者に依頼して高圧洗浄で落とすことも可能です。しかし、コケが生えてしまう外壁はすでに排水能力が低下しているため、コケを取り除く根本的な策は塗装以外にありません。外壁のリフォームをお考えの方は、「いちずホーム」までご相談ください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!