新生活でお部屋探し!挨拶回りは必要?

3月に入り、一気に春めいてきた今日この頃。
春に新生活をスタートする方々は、そろそろ本格的に準備を始める時期かもしれませんね。

今回は、そんな新生活での「お部屋探し」についてお話していきます。

家を借りたい

・ネットで探す
・不動産会社で探す
・現地に行って探す

新生活を始めるとなると親元を離れて「一人暮らし」を始める方というのも増えてくるかと思います。
でも、いざ家を探そうと思ってもどう探したらいいのか迷ってしまいますよね。

家探しをしようと思ったら、まずネットで検索してみましょう。
賃貸住宅を探せるサイトがいくつかありますので、まずはそこで簡単に探してみると探しやすいです。

お家探しは、この間取りを眺める時間がとても楽しいです。
間取りや家賃などを見ながら気になる家をどんどん見てみましょう。
写真や間取り図を見ながら、ぜひ自分好みのお部屋を見つけてみてください。

ネットで簡単に家が決まったら、実際に行ってみてみましょう。
見学の予約もネット上で出来るので予約をして、実際に部屋を見て「実際に住むこと」を想像しながら部屋の配置や日当たりなどを確認してみるといいかもしれません。

実際に見学してみたら「良かった・悪かった」ということも多いので、好きな部屋が見つかったら一度見学しておくのがおすすめです。

<賃貸住宅探し参考>
スーモ – SUUMO(全国版)
ホームズ – HOME’S

敷金・礼金ってなに?

敷金:入居中の「家賃滞納」や「部屋損傷の修理費」の担保(退去時返金あり)
礼金:大家さんへの謝礼金(退去時返金なし)

アパートなどを借りようとすると「敷金・礼金」というものがかかる場合があります。
家を借りる際には家賃などに目が行きがちですが、敷金と礼金が必要になるのかもよく確認しておきましょう。

敷金は、入居中に「家賃の滞納」や「部屋の損傷」があった場合に使用するお金を担保として先に預けておくもので、退去時には家賃の滞納と部屋修理費を差し引いた額を返金してもらえます。

礼金というのは、文字通り入居時に大家さんへの謝礼として渡すものになるので、これは退去時であっても返金などはありません。
最近は「敷金・礼金なし」という家も増えてきましたが、必要な場合も多いので契約時に ”いくらかかるのか・いつ支払うのか” をよく確認しておくと安心ですよ。

挨拶回りは必要?

新しい場所に引っ越したら「挨拶」って必要なのでしょうか?
最近では ”しない” という方も増えてきましたが、挨拶はしておく方が良いと思います。

生活するために住む場所ですから、日常の中でふいに大きな音を立ててしまったりしまうこともあるかと思います。
ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれないという事を事前に伝えておくことで、近所の方々と良好な関係を作ることにも繋がるのでおすすめです。

どこまで挨拶すればいい?

アパート:上下左右の部屋
一戸建て:両隣・真後ろ・向かいの家3軒くらい

挨拶周りをする際には、一番音が伝わりやすい家を中心に挨拶をしておくと良いです。
アパートであれば真上や真下の部屋と両隣の部屋、一戸建ても同じような形で両隣などに挨拶しておくと安心です。

女性一人暮らしなどで防犯の面から挨拶するのが怖いという場合には、大家さんなど必要最低限でも大丈夫ですよ。

手土産は必要?

挨拶回りをする際には、何か贈り物を準備しておきましょう。
出来るだけ日持ちするもので、石鹸・タオルやお茶・焼き菓子などの消耗品だと気兼ねなく使えるのでおすすめです。

あまり遅い時間には行かず、日中に贈り物をもってご挨拶に向かいましょう。
何度か訪ねていないようだったら、挨拶状だけ残しておくといいかもしれません。
贈り物を渡すことにこだわらず、気軽にご挨拶という感じで出かけるといいですよ。

新生活になると新しいことばかりで慣れるのも大変ですが、気持ちを新たにスタートできる素敵な時期でもあります。
素敵なお部屋を見つけて、ぜひ新生活を楽しんでみてください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!