もうすぐコバエの時期!大量発生させないための対策

暖かくなってくると外に繰り出したいなんて思いますが、まだ風が冷たい日も多いですね。
窓を開けて網戸を指ではじいて網戸に止まっている虫にお帰り願っていると、そろそろ「コバエの時期」だなと感じます。

皆さんは、もうコバエ対策始めていますか?
今回はそんな「コバエ」についてお話していきます。

コバエとは?

チョウバエ:水回り、ヘドロから発生・お風呂排水溝など
ショウジョウバエ:生ごみ・腐った果物
ノミバエ:腐敗したもの・生ごみ・排水溝
キノコバエ:観葉植物・土など

コバエは、小さなハエの総称で水回りや生ごみなどで大量発生することが多い虫です。
主に「ショウジョウバエ」「チョウバエ」「ノミバエ」「キノコバエ」の4種類が有名で、温かい時期になるとよく見かけるようになります。

意外とすばしっこいことも多く、食品の周りや顔周りを飛ぶこともあるので一度部屋に侵入されると結構うっとうしいですよね。
繁殖力が高く、たくさん集まると…集合体恐怖症の方が見れない状態になるので発生しない環境を作っておくことが大切です。

発生時期は?

時期:4月~11月頃
温度・湿度:25~30℃ / 70%

コバエは、暖かい気候になると増え始めます。
特に梅雨時期や秋頃は多くなるので、コバエが発生しづらい環境づくりがとても大切です。

コバエは一度に30〜50個、多いものだと200個程度の卵を産み、二週間もあれば成虫になって世界に羽ばたいて行ってしまいます。
そろそろ出る時期だなと思ったら、早め早めに対策してしまいましょう。

コバエ対策

・水回りを綺麗にする
・生ごみを放置しない(冷凍する)
・トラップや薬剤を使う
・外からの侵入を防ぐ

コバエを発生させないためには、コバエの好む環境を作らないことが大事になってきます。
コバエは水回りなどが好きなので水回りの清掃はこまめに行いましょう。
特に排水溝は綺麗にしておくのがおすすめです。

コバエの発生源でかなり多いのが「食べ残し」や「生ごみ」です。
食べ残し・腐った食べ物などが大好きなので、食べ終わったらなるべく早く片付けるようにしましょう。

また、アルコールの香りによって来る習性があるコバエもいるのでお酒やお酒の入っている食品の片付けは早めにやっておくのがおすすめです。

生ごみは冷凍しよう

毎日生きていると「生ごみ」というのは出るものですが、これは放置するとあっという間にコバエ大量発生の原因になります。
特に夏場は、ゴミ箱に適当に捨てておくとすぐ腐ってしまうので、臭いも凄いですがコバエ的にも悲惨なことになることが多いです。

生ごみが出たら、袋に入れて「冷凍庫」で保管するのがおすすめです。
生ごみ専用の冷凍庫でも冷凍庫に生ごみ区画を作ってもOKですので、生ごみを冷凍できるスペースを確保してみてください。

私の家は毎年コバエが凄かったのですが、生ごみを冷凍するようになってからコバエをほとんど見かけなくなりました。
ゴミ箱の臭い問題も解消されるので、困っている方はぜひ試してみてください。
※冷凍する生ごみは、なるべく細かくしておくと冷凍庫のスペースを取らないです。漏れ対策用に袋は2重などにしておくと安心です。

コバエ撃退

コバエ撃退方法として「めんつゆトラップ」というものが有名です。
めんつゆ+お酒+食器用洗剤などで簡単に作れて便利なのですが、捕れたり捕れなかったりします。
作り変えたりするのも面倒だったので、コバエを撃退したいと思ったら手でつぶしたり専用の薬剤などで撃退する方が早いかもしれません。

少しもったいないかもですが…
キッチンに止まっているコバエだったら、キッチン用アルコールなどを吹きかけると動きが鈍るのでその隙に倒すのが楽ですよ。

最後に

今回はこれからの時期に困る「コバエ」についてお話していきました。
コバエ対策は色々な商品も出ていますが、生ごみ対策と排水溝清掃を綺麗にしておくとほとんど見かけなくなります。

忙しくてお掃除の時間が取れないという方も排水溝と生ごみ処理だけはきっちりしておくと、コバエの時期でも快適に過ごせるかもしれませんよ。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!