ホワイトデー何を贈りますか?贈り物の意味と花言葉

3月のイベントを想像して…何が思いつきますか?
私は、一番最初に思いつくのが「ホワイトデー」です。

バレンタインデーがあった事が記憶に新しいからですかね…
単にお菓子が食べたいだけかもしれません。
甘いものの誘惑には、なかなか勝てませんね。

今回は、そんな「ホワイトデー」についてお話していきます。

ホワイトデーとは?

ホワイトデーは、毎年3月14日にバレンタインデーに贈り物を貰った男性が女性に贈り物をする日です。
バレンタインデーのお返しのような意味合いで行われる行事で、キャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレートなど思い思いのお返しをする日になっています。

最近では、友チョコであったり自分用に購入する方もいますね。
バレンタインデーと同じようにイベントを言い訳にちょっと自分にご褒美ができる日のようで楽しくなってしまいます。

発祥は日本?

ホワイトデーの発祥は「日本」だと言われています。
中国・韓国などの東アジア地域でも親しまれている行事ですが、欧米の方では行われていないようです。

ホワイトデーの起源は諸説ありますが、企業の戦略的な意味で広まった行事です。
毎日毎日色々な行事が増えていって面白いですが、そのうち毎日何かの日になってしまいそうですね。

贈り物の意味

キャンディ:あなたが好き
マカロン:あなたは特別
バームクーヘン:長く続くように
キャラメル:安心できる
——————————————
クッキー:友達でいて
マシュマロ:気持ちをお返しする、嫌い

ホワイトデーのお返しには色々な意味があり、花言葉のように贈るものによって相手に伝わる印象が変わります。

キャンディは好印象なようで「好き」などのポジティブな意味が付けられています。
縁起のいいお菓子として贈り物にも多いバームクーヘンも「愛が長続きするように」というような良いイメージの意味があります。

ホワイトデーのお返しの中でもマシュマロは「すぐに溶ける」所からマイナスなイメージを与える贈り物になってしまうようです。
色々な意味がついていて面白いですね。

意味を知りながら送るのも楽しそうですが、ホワイトデーのお返しは相手への感謝の贈り物ですから相手が好きなものをお返ししたりするのも良いかと思います。
送る相手がホワイトデーの贈り物の意味をしていそうな場合には、何かメッセージカードや言葉で伝えると自分の伝えたい気持ちが届くかもしれません。

花を贈る

お菓子に意味がついている思うと、ホワイトデーにお花を贈るというのも素敵かもしれません。
お花には本当にたくさんの花言葉があります。
気持ちを表した花言葉のものを探したり、贈る相手のイメージに合うものを探すのも素敵ですね。

華やかな印象のあるバラは、贈る本数によって意味合いが変わるそうです。
1本は「あなただけ」2本は「この世界はあなたと私だけ」、11本になると「最愛」という意味があります。
色にも意味があり、ホワイトデーの贈り物であれば「赤いバラ(愛しています)」か「ピンクのバラ(可愛い人・幸福)」の意味が素敵ですよ。

花を贈るというのは買う時も渡す時もなんだか照れくさくなってしまいますが、貰うととても嬉しく思うものでもあります。
華やかな見た目も素敵ですし、香りでも癒されますね。

お花のお世話が苦手な方へ贈る場合には、ブリザーブドフラワーという生花を加工したものがお世話いらずで可愛らしいのでおすすめです。

最後に

今回はホワイトデーについてお話しました。
皆さんは、今年の3月14日は誰かに贈り物をする予定がありますか?

色々な意味合いはありますが、贈り物というのは貰うだけで嬉しくなってしまいます。
それが自分の為に選んでくれたものだと思うと、自分に時間をかけてくれたことにさらに嬉しくなってしまいますね。

バレンタインデーのお返しという部分に囚われ過ぎずに、日頃の感謝を込めて贈り物をしてみるのも楽しいですよ。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!