雨樋は塗装でメンテナンスすることで長持ちさせられます

雨樋 塗装

耐用年数が約20年とされている雨樋。しかし、どんな物でもメンテナンスをしっかりしておかないと、耐用年数が経過する前にこわれてしまうことはあります。雨樋もそんな物のひとつ。 「うちは雨樋のメンテナンスをしたことあったかな?」 という方は、まずは雨の日に雨樋を見上げてみましょう。

雨樋は軽度の劣化なら塗装でメンテナンス可能

雨樋は、軽度の劣化であれば、塗装することで引き続き正常に機能してくれます。

屋根や外壁同様、いつも雨風や紫外線にさらされている雨樋の耐用年数は約20年です。もちろん、耐用年数は立地条件にも左右されます。沿岸部と内陸の都市部では、劣化の進み方が当然異なります。そのため、劣化を早期に発見して必要なメンテナンスを行うことがとても重要です。

雨樋は、塩ビなどのそれほど耐久性の高くない素材で作られています。そのため、メンテナンスを怠ると「気づいたときには割れていた…」ということになりがちです。日頃から雨樋の状態をチェックして、劣化が見つかったら必要なメンテナンスを行いましょう。

塗装でメンテナンスできる雨樋の劣化症状

塗装でメンテナンスできるのは、雨樋の機能がまだ正常に保たれている劣化症状です。以下のような症状なら、塗装でメンテナンスできます。

色あせ

色あせ程度の劣化であれば塗装でメンテナンスできます。雨樋の色あせの原因は紫外線です。塗装により紫外線の影響を軽減することで、劣化の進行を遅らせられます。

チョーキング

紫外線などの影響で塗膜が劣化すると、塗料に含まれていた顔料が粉末状になって塗装表面に現れます。このチョーキング現象は、外壁塗装ではおなじみの劣化症状です。

チョーキングは塩ビでできている雨樋にも発生することがあります。しかし、それほど深刻な劣化症状ではないので、塗装することで劣化の進行を遅らせることが可能です。

塗装ではメンテナンスできない雨樋の劣化症状

雨樋の機能に問題が発生している場合は塗装でメンテナンスすることはできません。全交換や一部交換、修復が必要な劣化症状は、以下のようなものです。

亀裂

雨樋に亀裂があり、すでにそこから雨水が漏れてきている場合は、雨樋を交換する必要があります。

変形

雨樋が広がってしまい、その部分から雨水があふれてくるような状態です。軒樋に発生します。雨水や雪の重み、落ち葉などの詰まりがゆがみや広がりの主な原因です。

雨樋が変形してしまうと、あふれた水が外壁のひび割れから屋内に浸入したり、お隣に流れ込んだりする可能性があります。変形により雨樋の傾斜角度が変わり、雨水を流せなくなってしまうこともあるので、速やかに雨樋全体を点検し、対策をとりましょう。

外れてしまっている

雨樋の一部が外れてしまっている場合は、修復するほかありません。部分的な交換で済むことも多いので、まずは業者に雨樋全体をチェックしてもらいましょう。

耐用年数を経過した雨樋について

しっかりメンテナンスされてきた雨樋は、20年を超えてもその役割をしっかり果たしてくれることもあります。ただ、20年を経過した雨樋は交換を検討すべきです。特に最近はほぼ使われなくなった「丸樋」の場合は交換したほうがいいでしょう。

丸樋は、最近の主流になっている角樋よりも水を流すキャパシティが少ないため、ゲリラ豪雨や線状降水帯による集中豪雨が頻発する現在の日本には適していません。

まとめ

雨樋から雨水があふれてきているようなら、外見的に問題はなくても、速やかに業者に依頼して点検してもらったほうがいいでしょう。雨樋のメンテナンスやリフォームをお考えの方は、「いちずホーム」にご相談ください。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!