もしもの準備できてますか?防災バックに必要なもの

先日、福島県沖で地震があり、その規模はマグニチュード7.3(震度6強)という結構なものでした。
関東圏でもかなりの揺れが起こり、夜だったこともあり怖い思いをした方も多かったかと思います。
未だに揺れが各地で続いている状況なので、今後も地震の情報から目が離せません。

日々、忙しく過ごしていると忘れてしまいますが…日本は地震大国です。
地震以外にも自然災害は本当に多い国ですよね。

私もそうですが、現在は ”防災” への意識が高まっている方も多いかと思います。
なので、今のうちにもしもの時の為に「防災バック」を作ってみませんか?

もしもの備えは心の支えになることもあります。
不安になってしまう前にしっかり準備をして、その時が来たら慎重に行動できるようにしておくと安心ですよ。

防災バックとは?

防災バッグは、災害時に必要なものを詰め合わせたバッグのことでナップサックのようなものもあれば巾着のような形のものもあります。
「防災バッグ」「防災非常袋・非常用持ち出し袋」として中身もセットで売られているものもあり、リュック・キャリーケースなどバッグの種類も様々です。

シーンで選ぶ防災バッグの種類

バッグ(小):常に身に着けて使用する物を入れる
バッグ(中):避難時に必要な物を入れる
バッグ(大):避難先で生活するために必要なものを入れる

防災バッグには様々な種類がありますが、ある程度の荷物を入れる場合には「リュック」「キャリーケース」などを使用します。
ウエストポーチなど身につけられる小さめのバッグには、すぐに使用したりするものを入れておくと便利です。

防災バッグには色々なものを詰めますが、状況に応じて全てを持っていくことは出来ないこともあります。
その時の状況に応じてどのバッグを持っていくか、優先順位をあらかじめ決めておくことも大切です。
小さめのバッグには「常備薬」「携行食」「飲料水」など日常生活を送るために本当に必要なものだけを詰めるようにしましょう。
急いで逃げる場合にも「これだけはないと困る!」というものを入れておくといいかもしれません。

少し大きめのバッグには「防寒具」「着替え」など少し余裕があったら持ち出したい物を詰めておきましょう。
少し重かったり、背負って歩いた時に引っかかったりぶつかったりして逃げづらくなるようだったら持たずに逃げる方がいいです。

一番大きなバッグ(キャリーケース)には、かなり余裕がある時に欲しいものを詰めておきましょう。
大きなバッグを持って逃げるのは大変なので、「あったら助かるけど、なくてもとりあえず大丈夫」くらいのものを詰めておくといいかもしれません。
バッグの大きさはあくまで目安になるので体格などから自分に合うものを選び、荷物を入れた状態で一番行動しやすいものを選ぶようにしてください。

防災バッグに詰めておくもの

◇食べ物(携行食・保存食)
◇飲料水
◇救急キット(常備薬・生理用品・お薬手帳など)
◇マスク
◇ウェットティッシュ
◇簡易トイレ
◇身分証明書
◇雨具
◇アルミシート・アルミブランケット
◇カイロ
◇レジャーシート
◇ホイッスル
◇懐中電灯
◇モバイルバッテリー など

防災バッグに詰めておくものは人によって変わる部分もありますが、食べ物・飲み物・衛生用品は詰めておく方が良いかと思います。
人の体のほとんどは水でできているため、特に水は大切です。
お腹が空いていると動けなくなってしまうことがあるので、簡単な保存食も詰めておくと安心です。

常備薬などがある方は準備しておき、女性の方は生理用品の準備も忘れずに準備しましょう。
生理用ナプキンは、ケガをした時にガーゼのように「止血」に使用することもできます。

感染症が流行っているためマスクやウェットティッシュなどの準備も大切です。
防寒具としてアルミシート・アルミブランケット・雨具なども準備しておくと体温低下を防ぐのに役立ちます。

情報収集や連絡手段としてスマホを使用するのでモバイルバッテリーの準備もしておくと良いですが、防災バッグ保管時に暑い場所などに長々放置するのは危ないので準備して放置せずに定期的に点検するようにすると安心です。

最後に

先日の地震の時もそうでしたが、災害というのは急にやって来ます。
急にやってくるとやっぱり焦ってしまうもので、焦りから冷静に動くことが出来なくなります。

自分が焦りやすいという方は、もしもの時に冷静に動けるようあらかじめ簡単にでも準備をしておくと良いかもしれません。
防災バッグも体格などによって持ちやすい・持ちづらいということがあるので、長時間持ち歩いても大丈夫か実際に使用して確認してみるのもおすすめです。

今後も地震の状況を確認しつつ、その時が来たら素早く行動できるよう準備してみてください。
皆様もどうかお気をつけて。

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!