外壁塗装を火災保険で無料に?適応される条件とは

よくチラシなどで壁塗装火災保険無料できますという謳い文句掲げている業者広告目にしますが本当に火災保険外壁塗装行うことができるのでしょうか

 

先に結論をうとできます条件があります

 

そこで今回は外壁塗装火災保険行う3つの条件保険金支払いまでの流れについて解説していきます

 

 

外壁塗装火災保険無料にする3つの条件

 

火災

落雷

破裂

爆発

風災

水害

水漏れ

暴行

飛来

落下

衝突

盗難

住宅火災保険

×

住宅総合

火災保険

 

火災保険には住宅火災保険住宅総合火災保険2があります

 

住宅火災保険戸建て住宅向け火災保険基本的なタイプ火災の他に落雷破裂爆発ひょうよる外壁などへの損害補償してくれる保険です

 

そのため例えば台風によって飛来物落雷などで外壁損傷した住宅火災保険適応される可能性がありますが洪水高潮集中豪雨などによる土砂崩れ外壁損傷した場合保険が適応されません

 

一方住宅総合火災保険住宅に関する総合的補償うけることができるオールマイティー保険例えば自転車が外壁突っ込んできた時の破損カバーしてくれますし先ほど住宅火災保険では補償されない水害土砂崩れなどでも補償されます

 

一言に火災保険言っても火災保険種類よってどこまでカバーされるのかが異なるので一度火災保険種類確認することをおすすめします

 

では火災保険使って外壁塗装場合どのような条件あるのでしょうか

 

 

1.外壁屋根破損災害によるもの

 

火災保険災害よって外壁塗装必要なった場合補償してくれる保険なので経年劣化外壁塗装行う場合は火災保険適応させることはできません

 

またここで言う災害とは冒頭お話ししたように加入している火災保険種類よって異なるので事前よく確認しておきましょう

 

 

2.被災から3年以内

保険法95消滅時効では火災保険適応できるのは被災してから3以内補修工事についてのみ定められています

 

例えば4年前台風による飛来物外壁当たったときの直す必要がある場合は残念ながら火災保険適応されません

 

また自費補修工事行った場合でも3以内であれば工事の請求書もとに保険金申請することが可能です

 

 

3.損害補修かかる費用火災保険免責金額を超える

免責金額とはこの金額以下の補修自己負担直しましょうという目安の金額のことです

 

保険のパンフレットには自己負担額記載されていることが一般的でこの免責金額超えないと外壁塗装火災保険行うことはできません

 

 

外壁塗装火災保険行うまでの流れ

台風など災害後外壁確認して損傷あればまずは加入している火災保険保険会社に連絡します

 

担当者から必要書類注意事項説明されるので必要書類作成して保険金の請求申請行います

 

火災保険保険会社損害鑑定人お住まい派遣して損害現場調査して損害保険会社が審査を行って申請内容認められることで初めて火災保険保険金が支払われます

 

そのため外壁損害があるから工務店連絡するのではなくまずは保険会社連絡して指示仰ぐようにしましょう

 

 

悪徳業者に注意

必ず自己負担ゼロ外壁塗装できる代わり保険請求行うなど甘い言葉契約交わそうとする悪徳業者相談が国民生活センター報告されています

 

火災保険限らず保険金請求契約者本人行わなければならず代わりに行いますもちかけてくること自体おかしなです

 

またこのような業者保険金請求の手続き同時進行契約持ちかけてくることが多く実際に工事依頼した際は手数料称して保険金23程度の請求してきたりキャンセル申し出ると高額キャンセル料支払うように求めてきます

 

そのためもし被災して外壁塗装必要になったら家を建てくれた工務店相談して外壁塗装できるなら依頼するできないなら工務店紹介してももらうようにしましょう

 

 

まとめ

加入している火災保険種類って補償される内容異なります一般的には台風などの災害って外壁塗装必要になった場合は火災保険外壁塗装可能です

 

しかし災害であれば絶対外壁塗装火災保険行えるというわけではなく条件3あります

 

1. 災害によって外壁塗装必要場合保険によって補償対象なる
2. 被災して3以内
3. 免責金額超える補修金額

 

上記3すべて満たすことで外壁塗装火災保険保険行うこと可能です

 

もしわからないことがあれば工務店保険会社に問い合わせてみましょう

お問い合わせ

電話

電話でのお問い合わせ

受付時間 8:30~20:00(月曜除く)
メール

WEBからのお問い合わせ

無料見積もり・ご相談など24時間受付中

PAGE
TOP

LINEで質問!